昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

蒙古タンメン中本であえて「ラーメン」を食べない“ガチ勢”を知っていますか?

 蒙古タンメン中本、これは一度ハマると抜け出せなくなる沼です。

 今や真っ赤な沼に全身浸かっている私は、あいかわらず中本へ通い詰めていますが、ラーメンを食べることが減りました。ラーメン屋行ってラーメン食べないお前は奇人だ、と判断したあなた、待ってください、理由があります。一見、奇妙に思える行動ですが、全責任は中本サイドにあります。

こちらは蒙古タンメン中本の東池袋店

 中本がラーメンと同じくらい美味しい、「丼モノ」を販売しているんです。

 食べに行くようになり約10年。あらゆる期間を経て、丼モノに辿り着きました。簡単にですが説明させてください。 

 まずは、辛さ控えめなラーメンを気が向いたら食べに行く「試食期」
 ↓
 徐々に辛さを上げていき、ラーメンでは辛さ最大の北極ラーメン達成を目指す「好奇心期 」
 ↓ 
 北極よりも辛いつけ麺、常設メニューでは辛さ最大の冷やし味噌ラーメンへ到達する「激辛期」
 ↓
 辛さゼロのメニューが旨いことも知る「非辛期」
 ↓
 気分に合わせてオーダー、店舗ごとに違う限定メニューを探る「遊牧期」
 ↓
 中本の武器は麺だけじゃないことを知る「丼モノ期」 
 

 このような流れで現在の「丼モノ期」に辿り着きました。周りの中本辛者も似た流れの方が多いので、王道パターンなのかもしれません。

最も愛するメニュー「特製樺太丼」

 今日は、数ある丼モノの中でも私が最も愛するメニューを紹介したいと思います。その名も「特製樺太丼」

こちらが“最愛の”「特製樺太丼」

 大きな丼に入ったライス、その上にずっしりと乗った辛旨な餡。

 見た目は麻婆豆腐のようですが、中身は豆腐、ひき肉、ばら肉、タケノコ。この餡、旨みという旨みがギュッと詰まっております。そしてサイコロ型に切られたタケノコ、このコリコリとした食感がより一層食欲を煽ります。

 辛さの表記は8辛ですが、旨みの効果でしょうか、表記よりも多少まろやかに感じます。不安な方は辛さを抑えてオーダーすることもできますし、食べて辛さが足りなかった方は辛さアップにも対応してくれます。