昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/02/28

チェックポイントその5:わかりやすさ・機能性

Anker ★★★★☆

cheero ★★★☆☆

SoundPEATS ★★☆☆☆

 本体の電池残量、ケースのバッテリー残量は、それぞれLEDの点灯状態で確認できます。フタを開かないとケースの充電ステータスを確認できないcheeroがややマイナス、また残量表示が2段階しかないSoundPEATSもマイナスです。cheeroは残量表示自体は4段階と、ほかの製品よりも細かく表示できるだけに、閉じた状態では見えないのがもったいない印象です。

Ankerは、本体の充電ステータスは本体側面端のLEDで、ケースの充電ステータスはケース前面のLEDで判別できます。仕様としては無難です
cheeroは、本体の充電ステータスは本体側面のリング状のLEDで、ケースの充電ステータスは本体上面のLEDで判別します。ケースを閉じると確認できなくなるのがマイナスです
SoundPEATSは、本体の充電ステータスは本体側面のLEDで、ケースの充電ステータスはケース前面のLEDで判別できます。見やすく分かりやすい反面、ケースの残量表示が2段階と少ないのは残念です

 またワイヤレスイヤホンにつきものの音の遅延については、コーデックが遅延の少ないaptXには非対応であるにもかかわらず、Bluetooth 5.0対応のせいか、今回組み合わせたiPhoneとの間ではどの製品も遅延は感じません。動画の鑑賞にも十分耐えられます。このほか防水機能については、AnkerがIPX7、cheeroがIPX5に対応しているのに対し、SoundPEATSは非防水というハンデがあり、用途によってはマイナスと言えます。

【結論】ベストチョイスはどれ?

 今回の対象である3製品は、選定自体にかなりの時間をかけたこともあり、いずれも致命的な欠点はなく、明確に「ハズレ」と言える製品はありません。もう少し目立った欠点のある製品を混ぜておいたほうが、比較記事としては分かりやすかったかも? と、筆者自身反省しているところです。

 つまりどれを買っても大きな後悔はないのですが、敢えてどれかを選べと言われれば、細かい作り込みにすぐれたAnkerが、ベストチョイスと言えそうです。今回紹介したブラック以外のカラーバリエーションが用意されているのも利点でしょう。ただし(該当するグレードの製品がないのが理由ですが)他の2製品より価格が約1000円高く、やや不公平な印象もなくはありません。

ベストチョイスはAnker。どこをとってもそつのない作りが魅力です

 予算をワンランク下げてアンダー4000円という条件で選ぶならば、防水機能がなくても問題なければ基本性能の高いSoundPEATS、USB Type-Cを採用するなどの先見性もあり、また国内メーカーならではのサポートも期待できるcheeroも、選択肢に入ってくるでしょう。

cheero(左)、SoundPEATS(右)も基本性能は合格点で、予算を抑えたい場合は選択肢に入るでしょう

 なお完全ワイヤレスイヤホンでは、発売後しばらくすると内部が改良された新モデルが同じ型番で登場することがよくあり、今回使用したモデルもAnkerが「第2世代」、SoundPEATSは「NEW」といった具合に、旧製品と区別されています。これらの表記がない古いモデルは、今回紹介した仕様に当てはまらない場合がありますので、購入の際は注意してください。

この記事の写真(18枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z