昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

あの“名番組”にも紹介された東京の人気居酒屋「一度は食べたいシメの麺」とは

2020/03/03

 飲み屋のシメっていうのは印象に残る。それほど凝ったものでない方がいい。これが旨いとまた行きたくなる。

 四谷三栄町の「たん焼 忍」は「茹でタン」が有名だが、シメの「焼きおにぎり」は必ず注文する。

 神田須田町の渋いおでん屋「なか川」の「かけめし」。脂身の多いマグロ一切れ、ごま、わさび、海苔、三つ葉が白飯にのって関西風のおでんのつゆをかけたもの。シメにしみわたる旨さ。

 中目黒の山手通り沿いに移転した「藤八」には「素うどん」がある。「自家製はんぺん」や「腸詰」などを食べた後のシメによく頼む。つゆが関西系の透き通った昆布出汁で、海苔や明太子をのせてもうまい。

「飲み屋のシメのそば」との出会い

「飲み屋のシメのそば」っていうのもある。しかし、手打ちそば屋ならシメは当然そばであるし、自分はシメに立ち食いそば屋へ寄ってしまうので、「飲み屋のシメのそば」はあまり印象に残っていなかった。

 先日、そんな「シメのそば」がうまい飲み屋を偶然に発見した。時節柄、満員電車を避け時差帰宅するために大井町駅で、編集会社の先輩社長と下車した時のことである。少し散策してみようということになり、駅西側の立会道路を進んでいくと、左手に「お菜処 わらじ」という店を発見した。

「お菜処 わらじ」はまさに大きなわらじがある外観だ

 夕方6時前。引き戸を開けると店は女将さんひとりだった。