昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

東大合格者数日本2位の公立高 埼玉のエリート高校生が愛する「町中華の日本そば」とは?

2020/01/21

 蕎麦の修業をしている友人から面白い連絡が飛び込んできた。

 さいたま市の北浦和駅から北東方向へ10分ほど歩いたところに「仙龍」という中華料理店があるのだが、そこのメニューには「日本そば」があって、県立浦和高校の先生にも人気で、土曜日のお昼は学生と先生で大混雑らしいというのだ。

東大合格者数、公立高全国2位の名門

 北浦和駅周辺で有名な所といえばやはり県立浦和高校だ。男子校で文武両道の極み。キンキンこと愛川欽也さんや宇宙飛行士の若田光一さん、文筆家の佐藤優さん、アナウンサーの堀尾正明さんもOBであり、他にも財界などに著名人を多数輩出している。東大の累計合格者が公立高で全国1位とのこと。また2019年は東大合格者数で公立高、全国2位だという(1位は日比谷高)。一方で、今回の花園でベスト16になったラグビー部を始め、水泳部や陸上部なども全国大会で活躍している。

なぜ中華店で日本そばを出すのか?

 話を「仙龍」に戻そう。今回のミッションは、次の2点だ。

1)そば屋でラーメンを出す店は多いが、「仙龍」のように中華店で日本そばを出す店は少ない。なぜ出すようになったのかを知り、そばを食べてみる。

2)浦和高校の先生が「日本そば」を食べているというのは本当かを確認する。

 そこで2020年1月第2土曜日のお昼頃、訪ねてみることにした。

 北浦和駅前はこぢんまりしているが、旧浦和市から続く大きな街の一部という雰囲気である。浦高通りをしばらく歩いていくと威風堂々とした浦和高校が右手に現れ、そこから少し進んだ右手に、紺色の屋根にオレンジ色のテント屋根の「仙龍」がすぐ現れた。

こぢんまりしている北浦和駅前
浦高通りをしばらく歩いていく
威風堂々とした浦和高校、「仙龍」はもう少し先
紺色の屋根にオレンジ色のテント屋根の「仙龍」

 看板には「コーヒー、中華」と書かれている。ちょうど午後0時すぎの到着。暖簾をくぐると、店内は意外と空いていた。店の奥に80歳を超える大女将の伊藤みや子さんがいてお客さんとの話に華が咲いていた。

 壁一面にびっしりと書かれているメニューをみて、びっくり仰天。

店には大女将の伊藤みや子さんが座っていた。お元気そう