昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/03/01

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会

栗原家の嫁として認められていなかった

 母親は被告の両親や妹から栗原家の嫁として認められておらず、事件前、自宅アパートから心愛さんを近所にある実家にたびたび送るなど、行き来はあったにもかかわらず、母親が中へ入ることは許されていなかった。被告の父親は「会話らしい会話はしたことがない」という。

 母親の証人尋問は2月26、27日の2日間行われた。両日とも、被告や裁判員らがいる法廷には姿を見せず、別室と映像、音声でつなげる「ビデオリンク方式」で証言した。母親は心愛さんが受けた虐待について、「心愛のためにすべて話したい」と詳細に話した。

栗原勇一郎被告の裁判員裁判初公判が開かれた千葉地裁の法廷 ©共同通信社

夫婦はLINEで「プールはやめたほうがいい」「私もそう思った」

 心愛さんが小学4年生だった18年7~8月、勇一郎被告は毎日のように心愛さんを虐待し、心愛さんの体はあざだらけだった。法廷では当時の夫婦間のLINEのやり取りが開示された。たとえば7月12日のやり取りでは、心愛さんのあざを学校にバレないようにするため、学校を欠席させるか話し合っている。

 勇一郎「あー明日学校どうする?」
 母親 「まだあざがあるけど」
 勇一郎「今週は休ます?」
 母親 「そのほうがいいと思うな」
 母親 「学校行かせるのほんと心配なんだけど」
 勇一郎「まあ今週休ませて、月曜の状況見てじゃない」

 また、23日にも、こんなやり取りをしている。

 勇一郎「プールはやめたほうがいいよ」
 母親 「私もそう思ったから、みーちゃん(心愛さん)には行かないほうがいいよと伝えた」

 学校に行かせても、肌の露出が多いプールの授業は見学させている様子が明らかになった。

夜通し立たせ、座り込んだ子供を持ち上げて落とした

 心愛さんが死亡する直前の18~19年の年末年始、勇一郎被告の虐待は加速していった。1月1日には、心愛さんを前日夜から寝させずに夜通し立たせた。朝になって座り込んでしまった心愛さんの両腕を引っ張って持ち上げ、そのまま落として床に打ち付ける暴行をした。心愛さんはこの暴行で、胸骨を骨折したとされる。

千葉県野田市が公開した、栗原心愛さんが父からの暴力を訴えた学校のアンケート
心愛さんの書いたアンケートには「夜中に起こされたり、起きているときにけられたりたたかれたりされています」の訴えが

 この日、虐待を見ていた母親は勇一郎被告を制止しようと「もうやめて。あなたのやってることは虐待だよ」と被告に伝えたが、結局、「お前は何もわかってない」と胸ぐらをつかまれ、床に押し倒され、馬乗りになられ、そばにあったひざ掛けを口に押し込まれたという。

z