昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/03/05

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 社会, 国際, 政治

 まず、与党「共に民主党」など進歩派は、朴槿恵大統領のセヌリ党を継承した最大野党「未来統合党」と新天地とのコネクションを主張した。

「朴槿恵が李萬熙だけのために金色の時計を製作してプレゼントした可能性がある。李萬熙と朴槿恵の側近に対する大規模な捜索はもちろん、朴槿恵と李萬熙との対質尋問も必要だ」(ファン・ギョイク・進歩連帯のための比例代表政党「政治改革連合」発起人)

李萬熙総会長の金の腕時計 ©️時事通信社

「(新天地は)特定政党との癒着関係に対する国民の疑惑に対しても明白な立場表明を要求する。これは適当に誤魔化すことのできる事案ではない」(趙正植・「共に民主党」政策委員長)

「一部の野党指導者らが新天地をかばうような態度を取り、多くの国民が懸念を示している」(李洛淵・「共に民主党」選対委員長)

首相へのまさかの“とばっちり”

 これに対し、新天地との関与が疑われた「未来統合党」などの保守派は、李総会長の腕時計は偽物だと主張し、「共に民主党」からの非難を野党批判のための工作だと反論した。

「朴槿恵大統領府では金色の時計を作ったことがない。日付があるデザインも朴槿恵大統領府の時計のデザインとは違う偽物だ」(朴大統領府の元関係者)

「不利になっているコロナウイルスをめぐる世論から何とか脱しようとする与党関係者の涙ぐましい努力。たかが時計で“コロナ世論”を覆い隠すことができると思っているのか」(イ・ゴンヨン・「未来統合党」組織局チーム長)。

 一方、朴大統領府の時計を制作したロマンソン社も「弊社の作った時計ではない」と断言し、李総会長の金の時計は偽物である可能性が高くなった。

「新天地イエス教」の行事の一幕(教団の公式YouTubeチャンネルより)

 すると、この議論について、新天地側は「時計は信徒からの贈り物だ」として、次のように釈明した。

「時計をプレゼントした信者は、過去にセヌリ党で活動した経歴のある男性で、彼は丁世均・元国会議長(現首相)の名前の書かれた時計も贈ってくれた」

 思いがけず飛び火した丁世均首相は「根拠のない主張」と慌てて反論した。

 票が命より大事な政治家が、25万人に近い信徒を持つ大宗教団体の代表に時計をプレゼントすることは、韓国政界では何もおかしくないことだ。「新天地は異端」という社会的な評価にもかかわらず、進歩派・保守派双方の大物政治家たちが、新天地に対して、ボランティアなどの善行に対して贈る「善行表彰状」を授与している。

 李総会長の腕時計は、今回の事態で手のひらを返した政界に対する彼なりのアピールだったかもしれない。4月に総選挙を控えたいま、「新天地」は政界にとって新型コロナウイルスの感染拡大と並んで、怖い存在となってしまった。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー