昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

自国の新型コロナ感染激増をよそに「東京五輪」を中止にしたい韓国メディア

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 国際, 政治

「衛生先進国日本の面目丸つぶれ」
「東京五輪につまずき」
「乗客、乗務員は『五輪の人質』に」

 韓国メディアでは、自国内での新型コロナウイルスの感染拡大をよそに、日本の感染拡大と東京五輪を結び付けた報道が続いている。冒頭で紹介したような報道が特に増えたのは、2月3日にクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜港に寄港し、船内での感染が拡大してからだ。

 韓国では早い段階から、東京電力福島第1原発での放射能放出事故を材料に、東京五輪の開催に否定的な報道がなされていた。与党「共に民主党」では昨年、東京五輪ボイコットの主張が起きた。また、「サイバー外交使節団」を名乗る団体が、防護服姿をした東京五輪の聖火ランナーを描いたポスターを作成し、日本でも批判が相次いだ。

「サイバー外交使節団」を名乗る民間団体「VANK」が1月、ソウルの日本大使館の敷地の壁に貼った東京五輪をやゆするポスター[VANK提供] ©時事通信社

 韓国メディアでは、福島第1原発問題に続き、「もう一つ東京五輪開催へのマイナス要素ができた」と言わんばかりに、新型コロナウイルスの感染拡大を五輪に結び付けて報じているのだ。

「国際社会からの目が気になる」

 このような報道が増えた背景には、「ダイヤモンド・プリンセス号」内の感染を加えると、日本での感染者数が韓国を大きく上回っていたことが挙げられる。ところが、2月下旬以降、韓国で新型コロナウイルスの感染が南東部の大邱・慶尚北道を中心に急速に拡大。感染確認者は連日500人規模で増え続け、韓国での感染者数は5186人(3月3日発表)と、中国に次いで2番目の数となってしまった。

横浜港に停泊するダイヤモンド・プリンセス号(2月18日) ©AFLO

 文在寅大統領は3月1日、日本の朝鮮半島統治に抵抗して1919年に起きた「三・一独立運動」の記念式典の演説で、「日本は常に最も近い隣国だ」と述べ、新型コロナウイルスの感染拡大を念頭に、日本に対し「共に危機を克服し、未来志向の協力関係に向け努力しよう」と呼びかけた。