昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/03/05

source : 週刊文春デジタル

genre : ニュース, 企業, 社会, 経済

「安かろう悪かろう」の不安

 楽天モバイルでは月額2980円という料金プランを設定しつつ、300万人に対して、1年間、無料で使える施策を展開する。おそらく、「1年間無料」につられて契約が殺到することだろう。

 しかし、「安かろう悪かろう」では楽天自身の評価を落とすことになりかねない。1年後にユーザーが大挙して解約するなんてこともありえるだろう。

「楽天モバイル」の店舗も増え続けている ©共同通信社

 大手3キャリアが楽天モバイルを冷ややかな目で見ているのは、「使い放題といってもエリアが限定的」という楽天モバイルの弱点をわかっているからだ。だからこそ、値下げ競争を急ぐ理由なんて、まったくない。

 目先の「2980円」しか評価できていない菅官房長官は、今後、4社間での料金競争を期待しているようだが、いずれ肩透かしに終わることにまだ気がついていないことだろう。

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー