昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, テレビ・ラジオ, 芸能

「人気俳優の仲間入りをした長谷川さんですが、作品に対する思いはとてもストイックでした。売れっ子俳優だと何作も掛け持ちして、現場に2~3冊の台本を持ち込んだりするのですが、彼は複数の作品に同時出演することを好まない。作品ひとつひとつを大切にして、集中して役作りをしたいという思いがあるそうです」(同前)

爽やかな明智光秀像を演じている長谷川(「麒麟がくる」NHKより)

小さなインディーズ映画でずっとやっていきたい

 出演作を絞る姿勢もあってか、それ以降しばらくは長谷川が世間で話題になることといえば、鈴木京香との関係を取り沙汰する記事が多かった。しかし長谷川はこの時代にも俳優としての実力を身に着けていたようだ。長谷川が出演した映画「地獄でなぜ悪い」(2012年)、「ラブ&ピース」(2015年)で脚本・監督を務めた鬼才・園子温氏が打ち明ける。

「彼とは人の紹介で出会い、映画をいっぱい見ている映画青年という印象でした。同世代の役者の中では一番海外の映画を見ているんじゃないでしょうか。すぐに馬が合いましたね。彼はとにかくフレキシブルに自由自在に役作りができて、演技に柔軟性があるんです。自分に向いていないとかではなく、おもしろいから何でもやってみようという役者ですね。彼は小さなインディーズ映画でずっとやっていきたいと言っていました」

長谷川の殺陣シーンも迫力があると評判(「麒麟がくる」NHKより)

 しかし長谷川は2016年、メジャーシーンで代表作を得ることになる。興行収入82.5億円を記録した大ヒット映画「シン・ゴジラ」だ。

「彼はこの話を受けるかどうかずっと悩んでいました。でも僕は出たほうがいいと、強く推したんです。『一回は立派になったほうがいい。行きつくところまでいって、世間で立派だと言われるようになってから、またこっちの世界に戻ってきたら』と。大河ドラマが終わったら、彼はもっと個性的な作品に出演していくんじゃないですかね。そろそろこっちに帰ってきたほうがいいんじゃないかと思いますけど(笑)。また一緒に、変態映画を撮りたいですね」(同前)

“京香の男”から名実ともに大俳優への階段を駆け上がった長谷川博己。明智光秀は三日天下で終わったが、長谷川の天下はどこまで続くか。

「週刊文春デジタル」では、2年ぶりとなる「好きな俳優」「嫌いな俳優」アンケートを募集中です。アンケートにお答えいただいた方の中から、抽選でAmazonギフトカード5000円分を10名様にプレゼントいたします。応募の締め切りは2020年4月20日(月)18時。たくさんのご応募をお待ちしています。

この記事の写真(14枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー