昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/03/18

ダンスは、社会の縮図。そんな気がする

 そして4年間があっという間に過ぎていく。ダンスのついでに大学生活。お父さんお母さん、学費をありがとうございました。ダンスがうまくなりました。

 入部して間もない頃、初めてフォーメーションダンスを見た時の感動は忘れられない。

 女性は赤と黒、「不思議の国のアリス」のトランプ兵のようなドレス。男性は黒シャツ黒ズボンに青いネクタイ。そっくりな出で立ちの8組16人が、音楽に合わせて一斉に動く。マスゲームのように、一直線になったかと思えば円を描き、一組ずつ目の前に出て回転したり、めまぐるしく隊列を入れ替えながら最後にはぴたりと揃う。先輩たちがまるで一つの生き物になったかのよう。今でも鮮やかに光景が蘇る。自分もこれをやりたい、と強く思った。

右が著者本人

 あの激動の世界を巣立って、10年が経つ。

 すっかり社会人になった僕だが、ふと振り返ると、大事なことは全てダンスに教わったような気がする。夫婦生活の基本は、ダンスの基本、リード&フォローではないか。パートナーとの信頼関係に、男女問題を解決するヒントがあるのでは。読者に届く本の作り方は、審査員へのアピールに似ている。いい本と売れる本の違いについて考えるようなことを、試合のたびにしていなかったか。

 ダンスは、社会の縮図。そんな気がするのである。

 この感覚を何とか誰かに伝えたくて、僕はこれを書きました。「大船一太郎(おおふないちたろう)」という己の分身と共に、かつての仲間を訪ねながら辿り直した物語です。ちょっと長くて奇妙ですが、ダンス部、アツいんです。

二宮敦人/作家。1985年東京都生まれ。一橋大学競技ダンス部「一橋ALL」卒(学部は経済学部)。累計40万部を超える「最後の医者」シリーズ、累計20万部を超える『!』シリーズをはじめ、ミステリ、ホラーからライトSF、ノンフィクションまで著書多数。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー