昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《真相直撃》小倉優子別居 離婚危機を予感させた港区レストラン嘔吐事件

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 第3子の妊娠を2月に発表したばかりのタレントの小倉優子(36)と、再婚した夫の歯科医A氏(46)との間で発覚した離婚危機。円満に見えた夫婦生活が一転、昨年末から別居中だった事実が明らかとなり、2人をめぐる報道が続いている。

 これまで小倉が周囲に対して、「A氏が一方的に家を出た」「芸能界の仕事を嫌がられていた」「お腹の子どもに興味を持たない」などと打ち明けていたことが報じられている。

離婚危機が明らかになった小倉優子 ©時事通信社

 そんな中、夫のA氏は、3月13日放送された「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)の取材に次のようなコメントを出した。

「私の役割として芸能界で活躍する妻を支えることが大切なことだと思っていましたし、やりがいも感じていたので私から引退を迫ったことは一度もなかったです。また、私から一方的に家を出た事実もありません。おなかの子に限らず子どもたちを本当に大切にしていたし、子どもたちも私のことを今も大切に思ってくれているので流れとしては私が最も望まない形になっています」

 子どもたちのことを一番に考えている、としたA氏だが、小倉の友人は首を傾げる。

「本当に子どもたちのことを思っていたら、なぜ身重で、心身ともに不安定な妊娠2、3カ月の時期に、妻の元から離れるのでしょうか。彼女にも落ち度があったのかもしれないが、子どもが一番というならば、今は我慢してでも、そばにいてあげるべき時期です」