昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小倉優子が離婚危機 歯科医夫は妊娠公表に反対「コンビニでカップ麺にお湯」の”独り身生活”

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 2月に第3子の妊娠を発表したばかりのタレントの小倉優子(36)と、2018年末に再婚した夫の歯科医A氏(46)との間で発覚した離婚危機。

 昨年冬から夫婦関係が悪化して別居する事態に発展し、A氏は別のマンションに一人で暮らしている。結婚してまだ2年目の夫婦に何が起こっていたのか。

再婚した夫との別居が報じられた小倉優子 ©AFLO

 前夫の間に生まれた7歳の長男と3歳の次男と暮らしていた小倉とA氏の夫婦。小倉はA氏との再婚後、人気ママタレントとしての地位を確立し、次々にバラエティ番組や情報番組に出演。お弁当や洗濯洗剤など家庭的なイメージを活かしたCMでも活躍し、2018年からは「evercookフライパン」のイメージキャラクターにも就任している。

 小倉のインスタグラムでは、手作り菓子や家庭料理が連日のように紹介され、幸せな家庭生活がファンから想像されていたが、現実の小倉は妊娠中にもかかわらず、帰宅しない夫を待つ日々が続いていた。

「食事がないと怒りだした」

 夫のA氏が小倉と住んでいたマンションを去ったのは、昨年末のことだった。

「きっかけは些細な喧嘩です。結婚して1年が経って、日頃からの小倉の小言に、Aさんはストレスを溜めていた。その日、Aさんはイラ立ちを爆発させ、涙目で自宅から飛び出していったといいます。今では、弁護士を間に入れないと夫婦でも話ができない状態です。Aさんの離婚に対する意思は固いと思います。

 もともとAさんは、小倉のママ友から紹介された方、堅物で真面目なタイプです。酒も外食もほとんどせず、仕事から直帰して彼女の手料理を食べていました。ただ、彼女の仕事や子育てが忙しくなっていく中で、自宅に食事がないことを知って怒り出したこともあったそうで、少々手のかかるところがあった。それでも、小倉の前の御主人のような心配事もなかったし、子供にも愛情を注いでくれていたので、小倉は心底惚れていました」(小倉の友人)