昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

夫は妊娠発表を控えるよう要請していた

 小倉の前夫といえば、カリスマ美容師のB氏。「週刊文春」(2016年8月11日・18日夏の特大号)では、B氏が小倉の事務所に所属する後輩アイドルと“通い不倫”をしていた事実を報じている。当時、小倉は次男を妊娠中で、B氏のスマホを壁に投げつけて家を追い出した。

 小倉は次男を出産後、翌2017年にB氏と離婚。そして、2018年のクリスマスに現在の夫のA氏と再婚した。

 昨年秋には、第3子を授かった小倉。夫が飛び出したのは、その妊娠中の出来事である。

「Aさんはお腹の新しい子どもにも興味をもってくれないそうです。安定期が近づき妊娠発表の相談をしても、Aさんはなぜか、妊娠の公表を控えて欲しいと彼女サイドに要求しました。

 小倉は妊娠を公表して仕事を調整していきたかったのに、Aさんは首を縦に振らない。それどころか、今の夫婦の危機的な状況をマスコミに話そうとしていたそうで、彼女はパニックでした。せっかく確立した“ママタレ”としての地位を断つ気かと……。やはり、妻の仕事に不満があったのかもしれません」(同前)

夫はコンビニで夕食を調達

 2月28日、小倉は自身のインスタグラムで妊娠を発表している。

〈私事ではありますが、この度第3子を授かりました。無事に安定期に入り体調も落ち着きましたので、皆さまにご報告させていただきます。まだまだ戸惑う事や不安もありますが、出産までの時間を心穏やかに過ごしたいと思っております。出産までのお仕事は、体調と相談しながら続けさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします〉(小倉のインスタグラム、2月28日の投稿)

 

〈今回の妊娠は初めて食べられない悪阻(つわり)を経験したり、妊娠初期に胎盤剥離が見られたり、安定期前に羊水の量が減ってしまったりと 安定期に入るまで心配ばかりでした〉(同、3月1日の投稿)

 多くのファンから祝福のコメントがあがったが、小倉の出産予定日は8月という。安定期と言うには「少し早いのでは?」との声も、業界からは挙がっていた。

「妊娠の公表は、彼女なりのAさんへのメッセージだったのだと思います。彼女は夫が出て行った後、『言い過ぎた』『プライドを傷つけてしまった』と落ち込み、今もAさんの帰りを待っています。確かに彼女は口うるさいところもあります。ですが、別居したのは身重の体で精神的にも不安定な時期の出来事でもある。許してあげてほしい」(同前)