昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 夫のA氏が弁護士を立てて対応している一方、現在の小倉には離婚の意思はないという。

「彼女は、子どもたちのためにも『母一人ではいけない』という考えを持っています。B氏と離婚して一人身だった時はとても辛そうで、寂しさを埋めるために馬車馬のように働いていた。B氏から慰謝料をもらっていないというのも、彼女の意地だと思います」(前出・小倉の友人)

小倉優子 ©時事通信社

彼女が頼った占い師は……

 A氏との別居後には、「私、男運がないんです」と周囲に相談していたという小倉。彼女が心の拠り所にしていたのは、かねてから心酔していた、ある占い師だったという。

「その占い師の元には、これまでも何度も通っていて、A氏についての相談だけでもこれまで100万円近く使ってしまった。占い師は、A氏との別居後も『妊娠は前向きに考えるべきだ』『うまくいくから絶対別れるべきでない』とアドバイスしているそうで、妊娠中の子どもの性別まで予言していた。もっともその後のエコー写真で、その性別が間違っていたことが分かったそうですが……。当然ながら彼女の周辺の人々も、その占い師をまったく信用していません」(同前)

 小倉に占い師が予言する明るい未来は待っているのだろうか――。

この記事の写真(7枚)

+全表示

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー