昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

離婚危機 小倉優子が心酔する「別れさせない占い師」と「過去の夫追い出し事件」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能

 昨年末に歯科医の夫A氏(46)が自宅を飛び出し、別居状態にあるタレントの小倉優子(36)。現在、A氏とは弁護士を通してしか連絡がつかない状況で、離婚の危機にあるのは既報の通りだ。

 小倉の長年の友人は肩を落とす。

「2人はお互いの価値観や、住む世界が違いすぎた。そんなAさんとの結婚に、周囲から心配する声もあったのですが、彼女は聞こうとしなかった。前夫との離婚後、彼女は再婚したい一心で、すぐに婚活をはじめていて前のめりでした。

 当時は何人かの候補となる男性がいて、それこそ彼女の言うことを忠実に聞くタイプの方もいたのですが、最終的に選んだのは歯科医のAさん。その理由は『子どもを可愛がってくれる』『前の旦那とタイプが真逆だった』という2点。夜遊びもせず浮気の心配もない。芸能界から距離のある真面目な人であることに惹かれたのです」

再婚した夫との別居が報じられた小倉優子 ©AFLO

 前夫は、カリスマ美容師として知られるB氏。「週刊文春」(2016年8月11日・18日夏の特大号)に、小倉の事務所に所属していた後輩アイドルとの“通い不倫”が報じられ、小倉はB氏のスマホを壁に投げつけ、家を追い出していた。

「日頃から小言が多い彼女は、これまでも前夫とケンカをすると感情的になり、『でてけ!』と男性に詰め寄ることが多々ありました。それでも前夫のB氏は、良くも悪くも“業界人”だけあって、タレントの扱いに慣れていた。彼女の小言も軽く受け流して、うまく宥め、2、3日もすると元の状態に戻っていた。まあ、その分、家の外で発散していたのですが……。現在の夫であるA氏は、彼女のそんな行動に堪えかねたのかもしれません」(同前)