昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【追悼・志村けん】いしのようこがコメント「若かりし頃に教えて頂いた数々の事、忘れません」

source : 週刊文春デジタル

genre : エンタメ, 芸能, 医療, ヘルス, テレビ・ラジオ

 3月29日午後11時10分に東京都内の病院で逝去した志村けん(享年70)。所属事務所によると、志村は3月17日に倦怠感を覚え、自宅で療養。19日に発熱や呼吸困難の症状が現れたため、20日に主治医の診断を受けた結果、港区の病院に搬送され緊急入院となった。重度の肺炎と診断され、23日に新型コロナウイルス検査で陽性と判明。人工心肺装置を装着して治療をしていた。

 志村の突然の訃報に、芸能界からも悲しみの声が届いている。そのひとりが女優の、いしのようこ(52)だ。いしのは1987年から1992年まで「志村けんのだいじょうぶだぁ」(フジテレビ系)にレギュラーとして出演していた「だいじょうぶだぁファミリー」の一員だ。

志村けんと「アイーン」を披露するいしのようこ ©時事通信

 2012年には、2006年の旗揚げから、志村けんが毎年続けている舞台「志村けん一座 第7回公演『志村魂~新作「先ず健康」~』」で約20年ぶりに共演を果たしている。

2014年、舞台「志村魂~一姫二太郎三かぼちゃ~」の公開稽古前に取材に応じる前列左から池田夏希、磯山さやか、志村けん、いしのようこ、みひろ、後列左からダチョウ倶楽部の寺門ジモン、肥後克広、上島竜兵、桑野信義
2017年、フジテレビ「志村けんのだいじょうぶだぁスペシャル」で12年ぶりにメンバー
4人がそろってコントを披露するザ・ドリフターズ