昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/11

人類と犬猫の長い歴史は共通の病気がなかった

──犬や猫の体にウイルスがつく可能性というのは盲点でした。

野村 しかし、私は犬や猫のコロナ感染についてそれほど神経質になる必要はないと思っています。豚や鳥と比べて、犬も猫もはるか昔から人間と一緒にいます。人類との歴史は、猫が5000年、犬は1万年というのが定説ですが、12万5000年と主張する研究者もいます。人類の友人、パートナーとして、長い間ずっと手伝ってきてくれたのです。

 なぜそれだけ長い年月にわたり一緒にいることが可能だったのかというと、お互いに共通する病気がないからです。それに対して、発生源とされるコウモリやセンザンコウは人類と交わった歴史がありません。それらの動物と犬や猫を同列に考えるのは間違いです。不安に思っている飼い主さんも多いでしょうが、過剰に心配する必要はないと思います。

野村医師と、自宅で飼っているドーベルマン

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー