昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/04/25

「頭を忙しく働かせた方がいい」とカンパナ氏

「とにかく、マイナス思考に陥らないことが大切だと痛感しています。そのためには、なるべく頭を忙しく働かせた方がいい。普段、煩わしいと思っていることに時間をかけて挑戦してみると、気が紛れます。僕がYouTubeを始めた理由のひとつもそれ。あるいは食べることに目がない人なら、あえて便利な時短商品を避け、料理を手作りしてみるのもいいと思いますよ。あまり台所に立ったことがなくても、今はネットで簡単に情報が手に入ります。いざ作ってみると面白いし、勉強になるし、失敗したらしたで笑えますし。イタリアではこのところ、家族みんなで一からパンやお菓子を作ろうとする人が増えて、小麦粉やバターや卵が品薄になっています。特に小麦粉は、購買数制限がかかっているほどです」

 日本に置き換えれば、丸々一匹の魚をおろして刺身にしたり、糠床作りから始めて野菜を漬けたり、固形ルーを使うのではなく、スパイスを合わせてちょっと本格的なインドカレーを作ってみたりといった感じだろうか。

 いずれにせよ洋の東西を問わず、心を平穏に保つことが肝要だ。

(YouTubeより)

“ヨメ”とは離れ離れのカンパナ氏

「日本でもそうだと聞きますが、イタリアでもこのままロックダウンが続いて夫婦がずっと同じ屋根の下で過ごしていたら、DVの温床になりかねないと危惧されています。ストレスをためて相手に八つ当たりするのではなく、お互いを再発見する機会にしたいものですよね。なんなら、男女の営みに励むのも悪くないでしょう。こちらではジョーク交じりに『ロックダウンが終わったら、離婚ラッシュとベビーブームがいっぺんに来る』と言われています」

 彼自身は帰省以降、大阪に住む日本人の夫人(カンパナ氏曰く「ヨメ」)と離れ離れになったまま。当初の帰国便でイタリア出国できなくなったため、さすがにもうロックダウンは終わっているだろうと6月1日の大阪到着便へとチケットを変更していたが、先日その便も運休が決まったという……。

 一日も早いイタリアのロックダウン解除と、カンパナ氏の日本帰国を祈りたい。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー