昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ニートのような生活です」美人地下アイドルが語ったコロナ休業の“ナマナマしい日常”

ライブができず「ネットサイン会」「生電話会」を開催

「地下アイドルはライブができないことによって、メインである入場料収入と物販、それに伴うチェキ撮影収入などを得ることができなくなりました。この状況がこのまま2カ月、3カ月と続くと多くの地下アイドル事務所が倒産してしまうでしょう。まさに“握手会ビジネス”の曲がり角なのです」(地下アイドル運営関係者)

4月5日に開催された「ネットサイン会」

濃厚接触をせず、地下アイドルの売り上げを作る苦肉の策

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経済ダメージは、地下アイドル業界にまで広がっている。2月に大阪のライブハウスでクラスターが発生し、東京でも3月末からライブハウスの営業を自粛。地下アイドルも生命線であるライブを開催することができなくなってしまった。

「3月に入り、自粛ムードが広がりましたが、ライブの中止の決断をできるほど金銭的な余裕はありませんでした。1回のライブ中止で数十万円の損害になります。ギリギリでもライブを続けるために、タレントもライブハウスへ入場する際に検温し、体温が少しでも高い子は出演させないことにしていました。お客さまにも入場からマスク着用や検温などを義務付けていました。が、結局、ライブハウス側が営業中止を発表したことにより、地下アイドル業界全体がライブの断念を余儀なくされたのです」(同前)

 ライブが開催できない今、濃厚接触をせずに何とか売り上げを作ろうと地下アイドル業界が最近取り入れ始めたのが、「生電話会」や「ネットサイン会」だ。

4月5日に行われた「ネットサイン会」

友達感覚の会話に近い「生電話会」は好評

 7つのアイドルグループが所属している芸能プロダクション「ONEtoONE Agency」も3月28日から所属アイドルのライブが全面中止に。そこで4月10日から「握手会」ならぬ「生電話会」をほぼ毎日開催しているという。ビデオ通話アプリの「For U」を使い、画面越しに顔を合わせ、アイドルと話すことができる。3分で2000円という価格設定だ。

 同社スタッフは「タレントの生活を最低保障するために『生電話会』を開催した」と話す。