昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【追悼】元セクシー女優・麻美ゆまが告白する「志村けんが涙した日」初対面からプライベートまで

genre : エンタメ, 芸能

「志村さんと一緒に仕事をする現場では、『志村さん、今日はあそこのアドリブ違ったね、あの場面の表情が違うね』と、共演者同士が盛り上がっていました。現場のみんなが、志村さんのファンになるんです。もちろん、私もそのひとりでした」

 新型コロナウイルスによる肺炎で逝去したコメディアン・志村けん(享年70)。4月1日には追悼番組「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(フジテレビ系)が放送され、ドリフターズのメンバーや研ナオコといった縁のある共演者らが彼を偲んだ。

 コントに舞台にと、共演者と笑いを作り込んだ志村。元セクシー女優でタレントとしても活躍する麻美ゆま(33)も、舞台「志村魂」や「志村けんのバカ殿様」(フジテレビ系)で共演したメンバーのひとりだ。麻美は、最初に志村と会ったときにかけられた質問が印象に残っているという。

志村けん ©文藝春秋

初対面で「ゆまさんは、お酒の方はどうですか?」

「最初にお会いしたのは、もう6年ほど前になるでしょうか。舞台『志村魂』から、出演のお話が来たんです。先輩のみひろちゃんが出ていた頃から個人的にも足を運んでいた舞台でしたから、期待と不安を胸に緊張しながらも楽しみに志村さんの居られるオーディションの場に向かいました。そこでの、志村さんのオーラに圧倒されたことを覚えてます。

 緊張して聞かれたことに対して必要最低限の受け答えしか出来ませんでした。でも、そのまま帰ろうとしていた私に、『すみません、最後に。ゆまさんは、お酒の方はどうですか?』と、志村さんが遠慮がちにおっしゃったんです。当時あまりお酒が飲めなかったので、とっさのことに焦ってちゃんと受け答え出来ませんでした(笑)」

 酒豪のイメージが強い志村。麻美は「志村魂」出演後、志村とプライベートでも親交を深め、酒席をともにすることもあったという。志村といえば、「バカ殿様」や「変なおじさん」などのキャラクターのイメージも強いが、プライベートではどんな顔を見せていたのだろうか。