昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「岡江久美子さんを17年半も付き合わせてしまった」はなまる初代プロデューサーが今でも気にしていること

「岡江さんに初めて出演のお願いに行き、ひと通り説明が終わった時です。岡江さんが私に一言、『このサンドイッチ、美味しいよ、食べる?』って勧めてくれた。その飾らない人柄と親しみやすさを肌で感じた瞬間、『絶対に良い雰囲気の番組を作れる』と確信しました」

 そう語るのは、1996年から2014年まで続いた生活情報番組「はなまるマーケット」(TBS系)の“生みの親”、初代プロデューサーの石川眞実(まこと)氏だ。

「はなまるマーケット」は、4月23日に新型コロナウイルスによる肺炎によって惜しまれながら亡くなった女優の岡江久美子さんが、17年半にわたってMCとして出演し続けた人気番組。石川氏が「文春オンライン」の取材に当時の秘話を打ち明けた。

「はなまるマーケット」のMCとして活躍した岡江久美子さん ©文藝春秋

「天までとどけ」のイメージが決めてだった

 石川氏が朝の新番組を担当することが決まり、MCとして真っ先に頭に浮かんだのが岡江さんだったという。

「『はなまるマーケット』を担当するまで、私は音楽番組やバラエティ番組の制作に携わっていました。あの頃、女優さんがドラマ以外の番組に出演することは少なかったにもかかわらず、岡江さんはバラエティやコント番組にもゲスト出演していた。気取らない人柄で、とても庶民的なイメージもありました。当時、岡江さんは『天までとどけ』というドラマでもお母さん役で出演されていましたから、お茶の間にも家庭的なイメージが定着していた。ぜひ岡江さんにお願いしたいと思いました」

「天までとどけ」に出演していた頃の岡江久美子さん(1998年) ©共同通信社

「天までとどけ」は、1991年から1999年までTBSで放送されたホームドラマだ。岡江さんは13人の子供を育てる母親役として出演。昼ドラマとしては異例の最高視聴率19%を記録した。

 初めて岡江さんと打ち合わせをした日のことを、石川氏は鮮明に記憶していた。