昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 以前から前田をよく知る、ある関係者は「今回もすぐ別れるんじゃないか」と推測していた。

「正直、前田さんの女性関係はかなり派手でした。『今日好き』の1回目に出てから人気と知名度がグッと上がって、鼻高々。他の回の『今日好き』に出演していた女の子とも親しかったという話も聞いています。ですが、重川さんと交際してからは浮いた話も聞かず、重川さん一筋でしっかりと心を入れ替えて、重川さんを大事にしているようです」(同前)

予定日は7月、お腹も大きくなった重川。2020年4月21日前田俊公式Twitterより

重川のインスタフォロワーは70万人、出産予定日にエッセイ本も

 タレントとしてはまだ一流とは言えない前田だが、人気番組の「今日好き」出演者というだけで若者たちからチヤホヤされる。同番組への出演はインフルエンサーの登竜門とも言われているという。

「中高生が多く見ているこの番組に出演するだけでフォロワーは数万人規模で増えるのです。そこで獲得したフォロワーと“元今日好き出演者”という肩書きを使ってお金を稼ぐことができます。前田も同じように、『今日好き』に出演してから女性ファンを大量獲得しました。現在YouTubeの配信をメインでやっていますが、チェキ会やアフィリエイトでも収益を出していて、80万円ほど稼ぐ月もあったそうです。重川も今やインスタのフォロワー70万人で、出産予定日にエッセイ本を出すことが決まっています」(前出・番組関係者)

出産予定日にエッセイ本の発売も。重川のツイッターより

 番組はタレントとしての成功への第一歩なのだ。芸能界を志す気の強いティーンにとっては、“恋愛リアリティショー”も仁義なき戦いに他ならないのである。カメラが回っていない“水面下”では、激しい蹴り合いが展開されている。