昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

舞台ウラでは「派閥」「陰口」「マウンティング」

「今日好き」に出演したことのあるタレントのAさんに話を聞いた。

「男子同士は意外に人間関係はサッパリしているのですが、問題は女子同士。1日、2日目は和気あいあいと仲良くやっているのですが、最終日の告白直前なんて女子はドロドロです。好きな男子がかぶった時は最悪ですね。基本的に好きな男子が被っていない同士で派閥が出来上がるんです。

 好きな男子がかぶっている女子は、互いに『〇〇、ウザくない?』と陰口を言い合っていたこともありました。さらに関係が悪化するのは告白後です。告白が成功すると態度が180度変わるのです。フラれた女の子に対してあからさまに尊大な態度をとり、マウンティングするのです。

まやは「ハワイ編」に出演当時は高校1年生だった(「今日、好きになりました。」より)

 私の時も、帰りの飛行機の空気は最悪でした。機内では、カップルが成立した男女は席が隣同士ですが、成立しなかった人たちは男女別で座るのです。いままでしおらしくしていた女の子が“彼女”の座をゲットしてふんぞり返って、フラれた女の子たちは悔し泣きする子もいました。

 一方で、女の子の豹変を目の当たりにして、男の子も一気に冷めてしまい、機内のうちに別れ話にまで発展していたカップルもいました。まさに“成田離婚”です。あの男子は帰国して空港に降り立った瞬間に、付き合ったはずの子と別れて、別の女子にアタックしていた。それがきっかけでまたモメていました」

 無軌道で自分勝手な若者たちが集まったロケ現場で、愛を貫き結婚を決めた前田と重川は本当に純粋なカップルだと言えるのかも知れない。

事務所コメント「本人たちがお互いのご両親と相談して決めた」

 番組を放送しているサイバーエージェントに2人の妊娠・結婚について、見解を求めたところ、広報担当がこう答えた。

「お二人から本件に関する連絡は受けておりますが、プライベートなこともあり、ご本人及びご家族のご判断にお任せしておりますので弊社からは特にございません」

ハッピーエンドで若年視聴者が憧れる理想のカップルに(「今日、好きになりました。」より)

 前田が所属する芸能事務所「プラチナムプロダクション」にも聞いた。

「本人たちがお互いのご両親と相談して決めたことなので、事務所としては暖かく見守ろうと思います」

 前田は今月末には誕生日を迎え18歳になる。若い2人の幸せな結婚を祝福したい。

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー