昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

家飲みにピッタリの100文字レシピ 甘辛おつまみ「チキンハニーマスタード」のつくり方

2020/05/04

source : CREA WEB

genre : エンタメ, グルメ, ライフスタイル

 料理研究家・川津幸子さんの挑戦的レシピ本「100円100文字レシピ」(文藝春秋)が電子書籍化されました。そこからスピンオフした、100円版はさらにお手軽。

 今回は「つまみを作りたい人に 編」のメニューを特別に公開します!


「チキンハニーマスタード」のレシピ

©志水 隆

 はちみつと粒マスタードの甘く魅惑的なソース。鶏肉の皮を香ばしく焼くのも味のうちです。

■100文字レシピ

 鶏もも肉320gは一口大に切って塩、こしょうをふり、サラダ油大さじ1で皮めを香ばしく焼き、裏返して1分焼く。

 白ワイン1/2カップを加えて3分煮、はちみつ大さじ2、粒マスタード・バター各小さじ2をからめる。

鶏肉の皮を下にして入れたら、鍋を動かさず、じっとがまん。このきつね色の焼きめがおいしさに直結。鶏肉から脂が出たらふいておきます。 ©志水 隆

● 材料はすべて4人分です。
● 計量の単位は、1カップが200ml、大さじ1が15ml、小さじ1が5mlです。
● 白ワインは辛口のものです。
● バターは食塩不使用のものを使用しました。

川津幸子(かわつ ゆきこ)
1955年福岡県生まれ。早稲田大学卒業後、世界文化社、オレンジページを経て、栗原はるみの『ごちそうさまが、ききたくて。』を手がけるなど、フリーの編集者として活躍する。1998年からは料理研究家と二足のわらじをはき、『100文字レシピ』シリーズをはじめ、『ビンボーDeli.』『あのごはん、このごはん』『そろそろ大人のおいしい暮らし』『台所デビュー楽々!』『おいしい和食がつくれたら。』など著作が多数ある。

記事提供:CREA WEB

100円100品100文字レシピ (文春e-book)

川津 幸子

文藝春秋

2012年11月26日 発売

 

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー