昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

改元1年で8割にまで高まった“愛子天皇待望論” 引き立たせた眞子さま結婚の“袋小路”

2020/05/05

genre : ニュース, 社会

「天皇・皇后両陛下の長女・敬宮(としのみや)愛子さまのご成長ぶりには最近、皇室をお支えする多くの宮内庁職員からも感嘆の声が上がっています」

 ある宮内庁関係者はこう語る。愛子さまは3月22日、東京都新宿区の学習院戸山キャンパスで行われた学習院女子高等科の卒業式に出席された際、報道陣からの呼び掛けに「たくさんの経験ができ、とても楽しく、充実した学校生活を送ることができたと思います」と述べられた。そのしっかりとした受け答えに、多くの宮内庁関係者は万感の思いだったという。

3月22日、学習院女子高等科の卒業式に出席された愛子さま ©JMPA

「一般国民の方々が初めてはっきりとした愛子さまの肉声を聞いたのは、2004年の9月に宮内庁が公開したプライベート動画で、まだ2歳の愛子さまが天皇陛下に向かって『パパも』と話しかけられたシーンではないでしょうか。その可愛らしいお声には当時、多くの国民から大変な反響が寄せられました。

 その後も愛子さまのご成長を国民の皆様とともに多くの宮内庁職員も見守って参りました。それだけに、未成年でいらっしゃるというのに本当にご立派になられた愛子さまの卒業式でのお振る舞いに、思うところが多かったのは私だけではなかったはずです」(同前)

 天皇・皇后両陛下が昨年11月9日、皇居前で行われた「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」でお出ましになられた際、祭典がクライマックスを迎えたところで雅子皇后が涙ぐまれるシーンがあった。翌日に「即位の礼」の一環として行われた「祝賀御列の儀」のパレードでも、沿道で祝福する国民を前に雅子皇后は涙をぬぐわれた。

「天皇陛下ご即位をお祝いする国民祭典」に出席された天皇皇后両陛下 ©JMPA

「皇后陛下が公式の席で国民に初めて涙を見せられたのは、2002年4月2日、前年にお生まれになった愛子さまに関して天皇・皇后両陛下がご一緒に臨まれた記者会見で、『生まれたての子供の姿を見て、本当に生まれてきてありがとうという気持ちで一杯になりました』と述べ、涙を浮かべられたときでしょう。皇后陛下はなかなかお子様に恵まれず“お世継ぎ”を産まねばならないというプレッシャーに悩まされ続けた経緯があり、ようやく誕生された愛子さまに対する思いは、並々ならぬものだったはずです。