昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「カップ麺は、お店のラーメンと同じ味なの?」

 これを勧めると高確率でこのような質問をされます。

「そのカップ麺は、お店のラーメンと同じ味なの?」

 私はこう答えます。

「同じな訳ないでしょうがこのタコ」

 店舗で食べるラーメンはメチャメチャ美味しい。それを再現して作っているカップラーメンもメチャメチャ美味しい。両方メチャメチャ美味しい蒙古タンメンです。中本だからといってイコールで結ばず、それぞれの良さを味わってほしいのです。とにかくカップラーメンとしての完成度が凄く高い。

 この商品、ファンが非常に多くTVやSNSなどでは自分ならではのアレンジ方法を紹介している方を見かけます。私も今まで色々なアレンジをしてきました。今回は色々試してきた結果、私が一番美味しいと感じた蒙古タンメン中本のカップラーメンのアレンジ方法と作り方をご紹介したいと思います。

まず卵とひきわり納豆のご用意を

 用意するのは『蒙古タンメン中本~旨辛味噌~』。

 

(1)カップの内側の線より気持ち少な目に熱湯を入れて5分間待ちます。

 

(2)冷蔵庫から卵とひきわり納豆を出して、テーブルの上に置きます(卵がテーブルの上をコロコロと動くようなら、家が傾いている可能性があるのでリフォーム会社に連絡してね!)。

 

(3)待っている間にひきわり納豆をかき混ぜます。タレ・からしがついている場合は入れずにかき回してください。普通の納豆だと豆ひとつひとつが大きくて、触感が強すぎるのでひきわりがおすすめです(納豆パックがテーブルの上で動くようなら、家屋倒壊の恐れがあるからすぐ避難してね!)。