昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

子どもの頭上をブンブン回りすべてを支配する毒親 自立心と幸せを奪う“ヘリコプターぺアレンツ”の解毒方法

source : 提携メディア

genre : ライフ, 社会, ライフスタイル, 教育

子どもの頭上をブンブン回りすべてを支配する毒親 自立心と幸せを奪う“ヘリコプターぺアレンツ”の解毒方法

 

「毒親」と見なされない「毒親」の危険性

アメリカでは毒親をToxic Parents と言います。
どんな親が含まれるのか。
日本同様に日常的に言葉や肉体的暴力をふるう親、性的虐待をする親、ネグレクトする親、アルコールや薬物中毒の親のことを言います。
しかしアメリカに20年以上住み子育てをしている私が危惧するのは、「毒親と見なされない毒親」の危険性です。

 

私がそう思うようになったきっかけは2010 年あたりから徐々に問題化したうつ病や不安障害を抱える大学生、自分の面倒をみれない学生の増加にあります。実際2013 年にAmerican College Health Association が全米153の大学、10万人の学生を対象に行った心身の健康に関する調査では、 83.7%がやることがありすぎてどうしていいかわからないと答え、79.1%が心が疲れている、59.6%がとても悲しい、55.9%がとても孤独、51%が不安障害を訴え、31%が鬱、8%が自殺を考えたことがあると言っています。

American College Health Association 調査より

メンタルヘルス問題と「あるタイプの親」

そしてこれらのメンタルヘルス問題を抱える学生の多くが「あるタイプの親」に育てられたとする調査結果が、2010年以降続々と出てきました。それらの調査結果をまとめたSlateの記事によると2010年にキーンステートカレッジで大学一年生を対象に調査した結果、鬱や不安障害になる学生の中でも「あるタイプの親」に育てられた学生が高い割合を占める結果が出ています。2011 年にテネシー大学で行われたメンタ ルヘルスの調査でも同様の結果が出ました。

2012 にJournal of Adolescence に掲載された調査結果によると「あるタイプの親」に育てられた学生は自立に必要な人生のスキルを身につけられない傾向にあるとしています。2014年にコロラド大学で行われた調査でも「あるタイプの親」に育てられた学生はゴールを設定して達成するのに必要な行程を考え実践する実行機能が低いという結果が出ています。