昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《SNS炎上》きゃりーぱみゅぱみゅ傷心帰省 スパルタ母が話す「娘を救った言葉」

「まさか、こんなに自分が叩かれるとはあの子も思ってもみなかったんじゃないでしょうか。騒動のときは私たちもどうしていいものか、娘にメールでも送ったほうがいいのかなと思ったんですけど、あの子も27歳になって、自分の考えでSNSに載せたと思うんです。だから炎上しているときは敢えて、しばらく黙っていました」(きゃりーぱみゅぱみゅの母・郁子さん)

きゃりーぱみゅぱみゅと母親の郁子さん

 SNSによる誹謗中傷が社会問題となっている。先日、22歳の若さでこの世を去った女子プロレスラーの木村花さん。彼女は恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だったが、番組内での言動に対して1日100件もの誹謗中傷SNSに悩まされていた。事態を重く見た高市早苗総務相はインターネット上の発信者の特定を容易にするため、制度改正を含めて検討することを表明している。

 そして、若年層に人気のアーティスト、きゃりーぱみゅぱみゅ(27)もまた、SNSのツイートが原因で大バッシングに遭っていた。母親の郁子さんに話を聞いたところ、きゃりーは騒動後、傷心を癒やすために一時里帰りをしていたという——。

『勘違いババア』『歌手は歌うだけでいい』

《♯検察庁法改正案に抗議します》

 すべての発端は5月10日にきゃりーがこのハッシュタグを付けて発信した1通の投稿だった。同法改正案については、小泉今日子や「いきものがかり」の水野良樹、浅野忠信らが声を上げ、きゃりーも同様に抗議の輪に加わっていた。

5月10日のきゃりーぱみゅぱみゅのツイート(現在は削除)

 しかし、ツイッターで抗議した有名人の中でもバッシングの標的となったのは、きゃりーなど若い女性有名人たちだった。

「524万人のフォロワーを抱えるきゃりーぱみゅぱみゅの影響力は大きく、彼女の投稿に賛同する意見も多くありました。しかし、『歌手やってて、知らないかも知れないけど』『勘違いババア』『歌手は歌うだけでいい』といった批判や誹謗中傷が殺到し、彼女のツイッターコメント欄は大荒れでした。彼女も『歌手やってて知らないかもしれないけどって相当失礼ですよ、、、』と反論していましたが、騒動が大きくなり、結局翌日に問題のツイートを削除するまで追い込まれました」(スポーツ紙記者)