昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ベスト30発表】「好きな女優」2020 アンケート結果発表 Part2

本田翼、広瀬アリス、吉永小百合、蒼井優、清原果耶……

25位 広瀬アリス(25)「何でも出来るバイプレーヤー」

「『可愛い女優さんだな……』とは前々から思っていましたが、朝ドラの『わろてんか』(NHK)で漫才シーンを見て、実力もある女優さんなんだと実感しました。コメディエンヌ的な役柄も上手いですが、実際は幅広い役柄を演じられる女優さんだと思っています」(女・38)

「明るくて面白くて、バラエティーで見る人柄がそのまま出ているような役がいい」(女・49)

広瀬アリス ©AFLO

「人柄、演技ともに画面からあふれていて、好感が持てます」(女・42)

「若いのに気負った感じがしない。なかなか評価されないようだが、コミカルからシリアス、現代から時代ものまでオールマイティーにこなせる」(女・53)

「楽しい役柄が多くて良い。広瀬すずの姉から脱して、妹よりも役の幅が広い」(男・53)

「面白いバイプレーヤー。妹のすずよりずっといいじゃん。将来、堀内敬子みたいになって欲しい」(女・55)

「最近は妹より活躍していて演技も上手く顔もタイプだから」(男・47)

20位 多部未華子(31)「細かな感情もさり気なく表現」

「癖のある役柄でも嫌みなく、大げさにならずに演じられる数少ない若手の女優だと思います。NHKの経理部のドラマ『これは経費で落ちません!』もとても良かった、コメディがきちんとできるというのは稀有な存在」(男・40)

「正月に再放送された『これは経費で落ちません!』を見て、大ファンになりました。是非、NHK大河ドラマの主役をお願いしたいですね。第二の市原悦子という声もありますが、第一の多部未華子です」(男・66)

「この役は多部未華子以外には考えられないと思わせるほどの演技力。テレビタレントとは一線を画した生活態度。舞台女優としても一流」(男・85)

「控えめな演技でもはっきりと存在感を出す」(男・79)

多部未華子 ©AFLO

「派手過ぎず、地味すぎず、ドラマでの役もちょうど観やすい女優」(男・66)

「他にはない独特の可愛さがあり、演技も上手いし出すぎない所も良いです」(女・53)

「最近綺麗になったと思っていたら、堅実そうな相手と結婚されて納得しました」(女・55)

「演技力があり、出演作品はつい見てしまうので。シリアスもコメディも上手だと思う」(女・46)

「特別美人ではないけど演技もうまくて素朴で好感がもてる」(女・49)

「昔から素朴だけどしっかりしてそう。結婚しても頑張ってほしい女優さんです」(女・40)

「細かな感情をさり気なく丁寧に表現できる役者さんだなあと思います。きっと頭がいいというか、物事の本質みたいなものを理解する力に長けているんでしょうね。だから、ちょっとしたしぐさや表情、声のトーンなど、セリフ以外の部分で、役の人物の感情を表せるんだと思います。これからも色々な役を演じて、素敵なお芝居を届けて欲しいです」(女・48)