昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“王者”キムタクを二宮和也、ディーン、横浜流星、大泉、そして東出昌大が猛追!「嫌いな男優」2020 アンケート結果発表

 今回はどんな本音が読者から飛び出すのか……。恒例企画「好きな俳優」「嫌いな俳優」アンケートに、今回もたくさんの投票をいただきました。

「嫌いな男優」部門では、前回(2018年)1位は木村拓哉、2位・坂上忍、3位・ディーン・フジオカの順でした。この2年の間にもさまざまなニュースがありました。昨年11月の国民的アイドルグループ・嵐の二宮和也の結婚発表、今年1月の東出昌大の不倫騒動など、ファンの気持ちを揺り動かした話題は順位にどのような影響を与えているのでしょうか。

 アンケートは4月20日までの92日にわたって実施され、13歳から91歳までの幅広い年齢層から、4668票(男性39%、女性61%)もの票が集まりました。

 では、「嫌いな男優」部門の上位15人をみていきましょう。

15位 重岡大毅「自己中にみえる」

 15位はジャニーズWESTの重岡大毅(27)。昨年はNHKドラマ「これは経費で落ちません!」に出演。今年1月クールに放送された、週刊誌記者が主人公のドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)では、元恋人の吉高由里子(31)への嫉妬から彼女を貶めるような行動に走るサイテーな記者を見事に演じきった重岡ですが、あまりにハマり役だったことが順位に影響したのかも知れません。「好きなジャニーズ」では37位、「嫌いなジャニーズ」ではワースト50にも入っていない重岡ですが、俳優としての評価は別のようです。

重岡大毅(NHK「これは経費で落ちません!」HPより)

「いつも重岡大毅という感じで演技が上手いと思えない。似たり寄ったりな役が多く演技の幅が広いとも思えない」(女・29)

「演技を絶賛されていますがそんなに上手いと思いません。ドラマによくでる割には共演する人達をみても、ジャニーズの先輩達が共演してきた人達が多く、事務所同士の繋がりが見える」(女・30)

「自己中にみえる」(女・31)

「『パパジャニWEST』(TBS系)での姿を見て嫌いになりました。ふざけてとはいえメンバーをビンタしたり、心ない発言をしたりしていて、内輪ノリだとしても見てて笑えなかった」(女・34)

14位 高橋一生「ナヨナヨした感じが……」

 高橋一生(39)は前回8位から14位に。玉木宏(40)と双子の兄弟役を演じる今期のドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」(フジテレビ系)は新型コロナの影響で放送が延期されていましたが、7月28日にスタートすることが発表されました。ドラマだけでなく、「引っ越し大名!」など映画やCMでも活躍中ですが、演技で醸し出される空気感が苦手という声が寄せられました。

高橋一生 ©文藝春秋

「演技がワンパターンでどの役も同じに見えてしまう」(男・63)

「闇を感じる。裏がありそう」(女・50)

「特別かっこいいわけでもなくいつも冴えない雰囲気が漂ってる。個人的にはなぜ人気なのか不思議」(女・40)

「ナヨナヨした感じが頼りなさを感じる」(男・32)