昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「好きな男優」「嫌いな男優」2018 ベスト&ワースト15発表

アンケート総数5200超!

 2020年の「好きな男優」「嫌いな男優」アンケートの結果を発表するにあたって、前回(2018年)の結果を全文公開します。なお、記事中の年齢や日付は掲載時のものです。

(出典:「週刊文春」2018年4月5日号)

◆ ◆ ◆

お茶の間の視聴者が忖度せずに選んだ、本当の人気俳優は誰か?  小誌メルマガ会員から集まった5200票超で分かった好感度ランキング「男優編」です。

玉木宏がV2達成、2位阿部寛には男性の支持

 ここからは男優部門。「好きな男優」は1位から4位まで前回と同じ結果に。

 V2を達成したのは玉木宏(38)。4、50代の女性から圧倒的支持を集めた。

「振り幅の広さ。昨年は『女の勲章』(フジ系)での色悪っぷりと『鬼畜』(テレビ朝日系)では気の弱い夫が追い詰められていく様を見事に演じた」(40・女)

「近頃醸し出すダンディさとセクシーさが半端じゃない。あと数年は独身でいてくれることを願ってやまない」(42・女)

「心の支えです」(61・女)

 2位は男性からの支持が高かった阿部寛(53)。

「コメディーからシリアスまで、どれでも抜群の存在感」(49・男)

「立っているだけで画(え)になる数少ない俳優」(50・男)

「この人の出るドラマはハズレがない」(60・男)

左:好き1位の玉木宏はV2/右:阿部寛は好き2位

 メンズノンノのモデル出身だが、今や演技派。インタビュー経験のあるライターの菊地陽子氏が語る。

「売れていなかった脇役時代の話もしてくれる人で、昔は台本を読んでも脇役の人物造形が曖昧で、そのおかげで、自分で役をイメージする力が培われたと話していました」

“座長力”のキムタクは昨年同順位

 3位は木村拓哉(45)。前回V3を阻まれ、捲土重来なるかと注目されたが、現状維持。最新作「BG~身辺警護人~」(テレ朝系)では平均視聴率15%超と結果を残している。

「常に全力投球、いつまでもかっこいい」(52・女)

「韓国の俳優がこぞって日本語の勉強に木村拓哉のドラマを挙げる。それだけ影響力のある俳優は木村拓哉しかいません!」(64・女)

 04年の「プライド」など、主演作を多く演出したフジテレビの中江功氏が木村の“座長力”を語る。

「局の幹部よりも、むしろ現場のスタッフを大切にする人。全員を名前で呼ぶのでスタッフで嫌いな人はいないのでは。24時間木村拓哉でいるのは大変だろうなとは思います(笑)」