昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高橋一生は熱愛発覚も順位キープ

 4位は高橋一生(37)。若手女優・森川葵(22)との熱愛が発覚したが、なんとか順位をキープ。

「大きい事務所で顔だけがいい若手俳優がゴリ押しされ、うんざりすることも多い中、下積みが長い彼がここまでこれたのは、天性のものと努力が実を結んだと感慨深い」(40・女)

 松坂桃李(29)は前回の10位から大きく順位を上げて5位。役者としての真摯な姿勢が高評価に繋がった。

「イケメンに甘えないところ、普段の真面目さが好き」(64・女)

「他の若手がやらないようなハードな濡れ場にも挑戦していて役者としての努力が感じられる」(50・女)

 6位は2月に66歳で急逝した大杉漣

「何を演じても、説得力と、存在感と、役ごとの違った佇まいがあった」(49・女)

「人生、人間性が滲み出てくる演技、素晴らしかったです」(71・女)

左:SMAP解散以降、問われ続けるキムタクの真価/中央:急逝した名バイプレイヤー大杉漣は好き6位に/右:鈴木亮平は好き11位

 遺作となったドラマ「バイプレイヤーズ2」(テレビ東京系)のプロデューサー・浅野敦也氏が偲ぶ。

「とにかく明るくて年下のスタッフにも分け隔てなく敬語を使うような人でした。誰よりもチャレンジ精神が強く、オープニングの海から5人が上がってくる場面は大杉さんの『海から出てくるの良くない?』という提案でした」

 今年の大河ドラマ「西郷どん」主演の鈴木亮平(35)は11位に初登場。

「昭和から出てきたような好青年」(42・女)

「体重の増減など、役に打ち込む姿勢が群を抜いている」(44・男)