昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「夢は走ることやね」中学3年で骨肉腫を発症し、左足を切断した少女の物語

#1

source : 提携メディア

genre : ニュース

「骨肉腫」を発症し再発を繰り返しながらも、前を向き続ける少女を支えたもの

 

松尾夢華(まつおゆめか)さん、18歳。

中学3年生の春、骨のがん「骨肉腫」を発症し、腫瘍が見つかった左足を切断。
抗がん剤治療、義足の生活、そして再発…。
試練は幾度も襲ってきた。

それでも現実を受け入れ、前を向いて必死に生きていく。

日本では現在、2人に1人がガンにかかる時代だといわれている。病気は誰にでも、いつふりかかってくるかも知れない。もしその状況になったときどうするか。


後編では、高校に通い始めた夢華さんと、スポーツで県代表にまでなりながらも、襲ってくる病と戦う姿を追った。

高校への初登校と、出会った車椅子バスケ

2016年7月。
骨肉腫を発症し左足を切断、長く続く抗癌剤治療など、1年1ヶ月に及んだ入院生活を終えた夢華さん。

この日は待ちに待った、入学式以来の高校初登校だ。

 

「皆さん、お待たせしました。入学式から約3か月、やっとこの教室に歩いてくることができました。
辛い抗がん剤治療、左足の切断、そしてまた、つらい抗がん剤。あまり思い出したくありませんが、とてもつらく、きつい入院生活。高校受験をし、中学校を歩いて卒業できたこと。そして入学。それから3か月、ここにこうして登校できたこと。手術よりも不安でいっぱいです。

病気で左足を失った私です。抗がん剤で髪の毛がない私ですが、ここにいるみんなと同じ15歳の普通の高校生です。
今日までの目標は高校に行くことでした。今日からの目標は、クラスの仲間と楽しく高校生活を楽しんで一緒に卒業することです。
普通の目標ですが、私にはみんなの倍以上頑張らないといけないことです。

でも一生懸命頑張ることで、私は病気に負けないで今日まで来れました。これからも一生懸命頑張ります。皆さんどうか、よろしくお願いします」

クラスメイトたちは、同い年で病と戦ってきた夢華さんの話を真剣な眼差しで聞く。
初めての挨拶は大きな拍手で迎えられた。

その後、夢華さんは学校の教室で授業を受けていた。
そんな当たり前のことが1年2か月ぶりのことだった。