昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/06/20

genre : エンタメ, 芸能

「FRIDAYの直撃に岡村は慌てつつも『仲のいい友達ですぅ』と答え、翌日には熊田もそっくり同じ回答を直撃取材に返しています。当時、ナイナイはテレビの冠番組を3つも持つ超売れっ子。そして熊田は巨乳グラビアアイドル兼バラエティタレントとして活躍の場を拡げだした頃でした。

『彼女おらん』が持ちネタになっていた岡村に、『やるなあ、熊田と付き合ってるのか!』という世間の声があがったのも束の間、その年の4月に熊田がCDデビューするというニュースが大々的に流れ、業界関係者だけでなく、世間も『おや……!?』となりました(笑)」(同前)

ラジオでの“風俗発言”で炎上した岡村隆史 ©AFLO

 しかし当事者である岡村は、売れっ子芸能人なのに“PRカップル”としての側面にはあまりに無自覚だった。

「やっぱり、向こうの事務所が(熱愛の)情報流したんやろか」

「岡村さんは報道後、写真を撮られたことで熊田さんとの交際が続けにくくなるのではないかと危惧していました。彼の熊田さんへの想いは真剣で、『ナイスバディももちろんやけど、ホンマに心根のええコやねん』と聞かされたことがあります。自宅に他人を招き入れることを徹底してイヤがる岡村が、唯一心を許した女性ともいえる。

 翌年、熊田さんと島田紳助さんの“沖縄密会報道”などが原因で結局2人の関係は完全に終わってしまいました。破局後、岡村さんは熊田さんのタイミングがよすぎるCDデビューに『やっぱり、向こうの事務所が(密会の)情報流したんやろか』と訝しんではいましたが、熊田さん本人を責めることはなく、ただ終わってしまった“関係”を悲しんでいました」(テレビ局関係者)

熊田曜子 ©AFLO

 2010年には体調不良で5カ月の休養期間をとった岡村。仕事に復帰し、熊田との一件をネタにできるようになったのは、ここ数年のことだ。

「2020年4月、岡村さんは深夜ラジオでの『コロナあけたら美人さんが(風俗業の)お嬢やります』といった発言が批判を受け、謝罪に追い込まれた。翌週5年半ぶりに番組に登場した相方・矢部浩之さんが公開説教をする流れとなりました。矢部さんは岡村さんに、『困ったら風俗のネタに逃げる』と叱り、『景色を変えたほうがいい。結婚したら?』と提言していましたが、岡村さんにはもう長い間恋人がいない。最後に本気に好きになった女性が熊田さんだったんじゃないかとも言われています」(同前)

 真剣な想いをCDデビューのPRに使われてしまったのか……。そんな疑念が岡村のなかに生まれていたのだとすれば、岡村がここまで“こじらせ”てしまったことも頷ける。菅田将暉・小松菜奈カップルの「公開デート」PRをいちばん眩しく眺めているのは、もうすぐ50歳になる岡村隆史かも知れない。

この記事の写真(14枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー