昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/28

300本分の「百合映画」によって「呪い」は解けたのか

 と、ここまで述べてきた映画100本ほどを友人たちと実際に観ていき、手分けして執筆し仕上げたのが前身にあたる『百合映画ガイドブック』でありました。さらにそれを底本にして3倍の300本にまで膨れ上がったのが『「百合映画」完全ガイド』になりました。

前身の『百合映画ガイドブック』

『完全ガイド』のあとがきにも書いたのですが、「完全」からは程遠い代物になっています(共著者の一人は何度も「1000本だ、1000本必要だ」と述べていました)。さまざまな事情で1000本には届いていないのですが、とりあえずの「百合映画入門300」としてはこのぐらいのものでよかったのではないかと思っています。

 では300本分の映画によってはたして、「呪い」は解けたのでしょうか。

 心霊写真はそこに映りこんだものの原因や正体がたとえわかったとしても、映りこんだ「もの」が消えることはありません。「百合」もまた、わたしにとってそのようなものでした。

写真はイメージ ©︎iStock.com

 そしてまた、ソフト化されていない、ごく一部の上映に限られているなどの物理的な理由で、存在は確認しているものの、まだまだ未見な映画も夥しい数存在しています。たとえばレンタルビデオ店で働く主人公が『GO fish』と『ショー・ミー・ラヴ』を借りる人物と出会うことからはじまるというあらすじのiri『鼻歌をうたう私と颯爽とあるく彼女』、放火をしあう少女たちが出会う物語のアナ・コッキノス『only the brave』などなど……。『「百合映画」完全ガイド』原稿執筆当初は本国以外での鑑賞が不可能だった現在公開中の『はちどり』などを含め、更新されたさらなる「完全」書籍が、「呪い」をかけられた百合好きを自認する方々によって執筆されることを楽しみにしています。

「百合映画」完全ガイド (星海社新書)

ふぢのやまい ,志村 貴子 ,牛久 俊介 ,児玉 美月 ,将来の終わり ,関根 麻里恵 ,髙橋 佑弥 ,鶴田 裕貴 ,中村 香住

講談社

2020年6月30日 発売

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー