昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「執行猶予が明けるのが怖いんです…」清原和博が明かす“薬物依存症と戦い続けた4年間”――文藝春秋特選記事

まもなく執行猶予満了――。いま『薬物依存症』を書き上げた理由

2020/07/18

「文藝春秋」7月号の特選記事を公開します。(初公開:2020年6月10日)

「執行猶予が明けるのが怖いんです……」

 2020年の春、コロナ・ウィルスの猛威が日本にも影を落としはじめていた頃、清原和博氏は世の中とはまったく別の理由でふさぎ込んでいた。

「もうちょっと執行猶予伸ばしてくれへんかなって……。なんなら一生執行猶予でもええなって、そう思うんです……」

清原和博氏 ©文藝春秋

 2016年、覚せい剤取締法違反の罪によって有罪判決を下された。

『懲役2年6ヶ月、執行猶予4年』

 それがまもなく満了しようとしている。

6月15日午前0時に執行猶予が明ける

 2020年6月15日、午前0時0分。

 逮捕されてからずっと、その日をめざして生きてきたはずだった。それなのに、いざその瞬間を目の前にした清原氏は、巨体を縮めて怯えてしまっているのだ。

「最近は会う人、会う人に『もうすぐ執行猶予が明けるね』と言われるんですけど、それが嫌で嫌で……。怖いんです」

西武時代 ©文藝春秋

 誰かが言う。

『更生してもらいたい』

『復活を願っています』

 何をもって更生なのか。復活なのか。清原氏にはそれがわからない。

「本質の部分は変わらないと思うんで……」

「執行猶予が明けたらいきなり聖人君子にならないといけないプレッシャーのようなものです。いきなりぼくの中で何かが変わるわけではないですから……。本来、ぼくの中に流れている血というのは、やっぱり本質の部分は変わらないと思うんで……」

 相変わらず薬物への欲求は消えていないという。いつも耳鳴りがしていて、手の震えもおさまらないのだという。

薬物依存症』(文藝春秋)

「夜はほとんど毎晩、悪夢を見ますし、朝は起き上がることができない日もあります。世の中が慌ただしく動いているのに、自分だけ取り残されているような気がして、これまで部屋のカーテンはいつも締め切っていました」