昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/18

 人は何によって堕ちるのか。

 何によって救われるのか。

 この4年間、清原氏を記録してきたのは、それが知りたかったからかもしれない。

 そして、その答えは、この希望と絶望のパラレルの中にあるのではないか。自問自答している清原氏を見ていると、そう思えた。

オリックス時代 ©文藝春秋

薬物依存症の実態を記録する

 清原氏にはまた薬物依存症の実態を世の中に知ってもらいたいという願望があった。

 覚せい剤によってどん底に落ちた。専門医に出会い、薬物の怖さを知り、知識を深めた。最近では自助グループに参加し、この病気に苦しむ多くの人を目にしてきた。

 それによって使命感が生まれたという。

 だから、清原氏はまた自身の内面と向き合って語ることになり、こちらはまた記録のペンを取ることになった。

 やはり日々、激しい浮沈の波があった。

 口にするだけで心が壊れてしまいそうだという出来事も、そもそも記憶に残しておくことすら耐えきれず、本能的に脳裏から焼却してしまっていた出来事もあった。

 そのひとつひとつを掘り起こしていく。

 世界がコロナ・ウィルスと戦う中で、それはひっそりと続けられた戦いだった。

出典:「文藝春秋」7月号

 清原氏が続けた戦いの全貌、そしてこの4年間を通して「ひとつだけ明確にわかったこと」については、「文藝春秋」7月号および「文藝春秋digital」の「薬物依存症との1595日」と執行猶予明けの6月15日に刊行される自著『薬物依存症』で克明に明かされている。

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

下記サイトでこの記事をより詳しく購読できます↓
※ロゴをクリックすると各サイトへ移動します
Yahoo!ニュース
文藝春秋

この記事の写真(7枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー
z