昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/25

ゲームはうまくないのに……輝く“人たらし” の才能

 今年4月の「デッドバイデイライト」の配信で、コントローラーの不具合でキャラクターが勝手に動いてしまい「勝手に斧振らないで」と嘆く様がSNSで拡散してトレンドワードにあがったことで、人気に火が付いた。

 配信のハイライト動画がYouTubeにアップロードされているので、未見の方は一度ご覧頂きたい。ゲームをプレイしたことがなくても、狩野の多彩なリアクションだけで楽しめるはずだ。

 

(狩野英孝【公式チャンネル】EIKO!GO!!より)

 

 狩野の人気の秘密は、独特なセンスで繰り広げられるリアクションに加え、視聴者に対して胸襟を開いて会話する “人たらし”の才能といえる。

 なので、“ありのままの自分”をさらけ出して視聴者と仲良くなるという能力が要請される。自分の芸だけではなく、自分自身を好きになってもらうことで、配信者に「少しでも長く観ていたい」と思わせなければならない。

 狩野はこの能力に異常にたけている。

 ゲームがうまくないため(失礼)、視聴者の多くがアドバイスのためにコメントを投稿する。そのコメントを読み、ゲームに挑戦し、失敗し、また視聴者に問いかける。このプロセスが繰り返されることで、視聴者は知らず知らずのうちに狩野の世界に巻き込まれていく。

 カッコつけているのに、ちょっと抜けている。いつも前向きで、茶目っ気がある。

©️getty

 38歳児の生まれ持ったカリスマ性にゲーム配信ファンが気づいてしまった。

z