昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/28

ド迫力CG・ARと13ヶ国語対応の韓国 

 海外を見てみると、世界でもいち早く大規模な有料配信ライブを始めたのが韓国だ。IT大国ならではの多彩な映像テクニックも特徴だが、何といってもグローバルの顧客を対象に、決済システムや字幕表示に対応している点が大きな強みで、現在も様々なライブやイベントが、活発に海外へ配信されている。 

 最も早かったのが、東方神起などが所属する韓国の大手芸能事務所のSM ENTERTAINMENTによる有料配信ライブの『Beyond LIVE』。4月26日にスタートし、5月31日まで5週に渡り日曜の夕方に配信ライブを実施した。

『Beyond LIVE』での東方神起のパフォーマンス。背後にはファンたちの姿が ©SM ENTERTAINMENT

 ARを駆使した視覚効果で、リアルなステージとダイナミックなCGをミックスさせた映像は圧巻。ステージ全員のフルショットと、メンバー別のアングルに切り替えられる機能もある。MCタイムにはLEDに数百人の視聴者を映し出し、直接コミュニケーションも。字幕も13カ国語から選択でき、双方向にすべく細かい配慮がなされていた。

 なお同シリーズは、8月9日のTWICEを皮切りに、SM ENTERTAINMENT所属以外のアーティストを含むグローバルチームの配信ライブを継続する予定だ。 

 同じく世界的に活躍するダンスチームのBTSは、6月14日に『BANG BANG CON The Live』を開催。画期的なのは、ブルートゥース内蔵の公式ペンライトが、配信ライブと連動して光るシステムを採用(4月に行った過去のライブ映像配信イベントでも実施)。世界107の国と地域で75万6000人超が視聴したと発表された。 

 6月20日~26日は、例年は日本をはじめ世界で大規模なK-POPやKカルチャーのイベントとして開催されているKCONが、今年は『KCON:TACT 2020 SUMMER』として世界へ向けて生ライブを配信。1日4~5組ずつ、ライブとミート&グリートを交えた毎晩4時間の生配信を実施。1週間で世界150の地域から有料・無料合計405万視聴があり、過去8年間の延べ来場客を3.5倍超える結果を出した。 

「KCON:TACT 2020 SUMMER」に出演したIZ*ONE ⓒ CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved