昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/28

「目の前に観客がいないのに……」現場の苦労

 実際に配信ライブを鑑賞した人たちの感想を聞くと、「配信でしか見られない演出があり、チケット代以上の満足が得られた」「子供がいてライブに行きたくても行けなかったので、鑑賞できてうれしい」「映画館でライブ中継の上映を観に行くと静かに見る人が多く、現場との隔離感を覚えることもあるが、家でなら騒ぎ放題」「全員が画面のこっち側だから、見えない一体感があった」等々の反応が見受けられ、音楽好きな人たちには、“生ライブの代替”ではない、新しい娯楽として受け入れられている。

  こうした結果は各主催者が、“生ライブ以上の付加価値”を付けるべく、従来の生ライブ以上に工夫をこらしている証だろう。 

 配信ライブを行った関係者によると、「コロナ禍でも頑張って配信をしましたという“応急処置”に映らないよう、いつものライブ以上にアーティストの表情やコメントについて話し合った。アーティストにとっては、目の前に観客が居ないのに数時間モチベーションを維持することがとても難しい。画面越しの“見えない観客”を極力意識することを事前に話し合い、現場スタッフも通常以上に盛り上がってライブの熱量維持に努めた」と振り返っており、現場の苦労が窺える。 

『Beyond LIVE』東方神起のライブの様子。ダイナミックなCGが度肝を抜いた ©SM ENTERTAINMENT

視聴環境や手数料はプラットフォームにより千差万別

 もちろん、オンラインライブには課題もある。配信ライブのプラットフォームは、この春以降に立ち上がったものが大半で、プラットフォームによってはサーバーダウンや遅延などの問題が度々起きている。そのため主催者側も、複数のプラットフォームを準備するケースもある。

 それぞれのプラットフォームは音質や画質はもちろん、視聴環境の幅広さ、決済手数料、コメントや投げ銭システムなども千差万別。録画ガードの有無もまちまちで、配信における権利保護の改善が指摘されている。目下各プラットフォームにおいて、様々なシステム改善やサービス提供が切磋琢磨されている最中だ。 

 そして有料配信ライブがビジネスとして生ライブを超える成果を生むか否かでいうと、何とも難しい。通常ライブの半額前後のチケット代で、撮影や演出機材・システムの投資の回収を行うには、何万人と視聴者を集める人気チームのライブでない限り容易ではない。本来のツアーが中止になった損害などを差し引きすると、単純に視聴者数から計算する利益だけで損得は語れない。

 さらに通常ならば地方ツアーを行うライブが多いものの、配信ライブは都心での実施に限られている点で、地方のライブ関係者の雇用やビジネスは失われたままだ。