昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

サザンオールスターズは、なぜ横アリで「無観客配信ライブ」を開催できたのか?

2020/06/28

genre : エンタメ, 音楽

 サザンオールスターズ42回目のデビュー記念日となった6月25日夜、横浜アリーナでバンド初となる無観客配信ライブを行った。ライブは、8つの動画配信サービスを通じて有料配信され、3600円のチケットを約18万人が購入、総視聴者数は推定約50万人以上にものぼったという。空っぽの客席を前にした渾身のパフォーマンスをレポートする。

 

◆ ◆ ◆

いつものライブと変わらない「ありがとうーっ!」

「みんな、ありがとなーっ!」

 一曲歌い終わるごとにそう叫んで締めるのが、ライブで歌うときの桑田佳祐の定番である。

 そのスタイルは、今回も変わらなかった。「いつもと同じ」な声を聴くことができた。遠ざかっていたものが、変わらぬかたちで帰ってきてくれたと実感できるのは、何よりもうれしいことだ。

 

 サザンオールスターズ特別ライブ2020「Keep Smilin' ~皆さん、ありがとうございます!!~」である。配信中継された画面のあちら側から、桑田佳祐は何度も、何度も「ありがとうーっ!」とのフレーズを視聴者へ向けて叫んだ。いつものライブと変わらぬ様子で。

42回目のデビュー記念日に「ライブをやろう!」

 この6月25日、サザンオールスターズは42回目のデビュー記念日を迎えることになっていた。毎年その日に合わせて、趣向を凝らした催しをするのはサザンの恒例だった。ただ今年ばかりは、何か企画すること自体が難しい。日本はもとより世界中がコロナ禍という過酷な状況に陥ってしまうなんて、誰にも予想できまい。

 さてどうするか……。サザンがスタッフとともに出した答えは、「ライブをやろう!」というものだった。