昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/11

 大学を卒業して、2016年に東京で社会人になりました。経済的に安定はしたんですけど、忙しくてナゴヤドームにも行けないし、社会人1年目のストレスを全部ドラゴンズグッズのwebショップで発散してましたね。1万円以上買うと送料無料になるので、毎回それくらい買っていたと思います。球場に行けない分、買い物で応援しようと思って。あの年は最下位でしたけど、私が一番グッズを買った年でもありました。ドラゴンズのグッズへの要望ですか? 私も女性なので、ドラゴンズにはもっともっと女性向けのグッズを出して欲しいですね。

膨大なコレクションのごく一部、全てタンさんの私物です

 社会人2年目からは、時間も出来てまた球場に行けるようになってきたんです。静岡にお客さんがいて、私が担当だったから出張に行って、仕事が終わったら名古屋まで移動してナゴヤドームで野球を観る、っていうこともよくやっていました。あの時は東京の家にあまり帰っていなかったです。

プロ野球はどうすれば外国人のファンを増やせるのか?

 私が外国人でプロ野球が好きなので、どうすれば外国人のお客さんを増やせるのか? そういうことはたまに聞かれるんですけど、それならむしろ地元から宣伝していった方が良いと思っています。私の外国人の友達でプロ野球を好きになった人は、「横浜に住んでいるからベイスターズを応援します」とか、「埼玉に住んでいるからライオンズを応援します」とか、そういう人が多いんですね。自分の国に戻った人もいますけど、みんなまだ日本で応援したプロ野球チームのことは好きですよ。

 その地域に住んでいる外国人に、「球場に行きましょう!」っていう活動をすれば、自然と外国人のプロ野球ファンも増えるし、最終的には海外からプロ野球を観にくるお客さんも増えるんじゃないでしょうか?

 今は私も東京に住んでいますけど、いつか名古屋に戻りたいと思っています。私は中日ドラゴンズが弱いチームだとは思っていないです。でもまだドラゴンズが優勝するところを観たことが無いので、そのためにもこれからも応援していきたいですね。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/39263 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(3枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー

文春野球コラム

中日ドラゴンズの記事一覧