昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/16

津留﨑選手本人に眉毛へのこだわりを聞いてみた

  入団当初から、則本選手に弟子入りを志願したり、髪型を真似てみたりと、則本選手への憧れを強く抱いているようにもみえた津留﨑選手。もしや……眉も則本選手に似せているのでしょうか? そう思い、津留﨑選手に眉への拘りを聞いてみたところ、

「こだわりはないですよ!(笑)。薄くはせず、そのままで後は形を軽く整えるくらいです!」

 との事。本物です。つくり眉でも似せ眉でもなく、ナチュラルのリリ眉。私のテンションは、いぎなり上がり、ついでに眉のお手入れペースも聞いてみました。

「眉のお手入れはセルフで10日に一回とかですよ! 全然していないです(笑)」

 おおおおお~! 10日に一回か~! とますます気持ちは高ぶります。

 ちなみに世の男性がどのくらいのペースで眉のお手入れをしているのかが分からなかったため、自称平均的な中年おじさんのハガさんに眉のお手入れ事情をきいてみると、眉下の微調整を2週間に一回くらい、長さは気になったタイミングで3か月に一回くらいとの事。とするならば……津留﨑投手の眉のお手入れの頻度は念入りな方。あのリリ眉は、その意志の強さと普段のお手入れの積み重ねでできているのですね。

 現在、津留﨑投手の成績は、14試合14回2/3を投げ1勝1敗1H防御率4.91(8月15日現在)。8月4日には記念すべきプロ初勝利をあげています。7月までは防御率0.00の力投を見せてくれた。ここ2試合は3失点を許してしまい防御率上がってしまったものの、いずれも難しい場面での起用に臆する事なく闘う津留﨑投手。楽天優勝には間違いなく必要不可欠なリリ眉なのです。

 三度の飯より野球好きで六大学野球も欠かさずチェックしている私の友・タレントの山本祐香ちゃんに慶応大学時代の津留﨑投手の印象を聞くと

「津留﨑選手が出てくると、お客さんもメディアもきたきたー! という感じがあったよ」

 とのこと。マウンドに駆け上がる姿をみて、んだから~! と仙台弁で共感してくれる楽天ファンの皆さんもきっと多いのではないでしょうか。

 津留﨑選手のピッチングには確かに人を魅了する力がある。そしてきっとみなさん知らない間に、あのリリ眉の虜になっている。よく見ていてください。津留﨑選手のこれからと、リリ眉に現れるその意志の強さを。

 津留﨑選手が「筋肉は裏切らない」というのであれば、私は「リリ眉は裏切らない」と信じています。

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/39271 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(2枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー