昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/22

『いぎなり東北産』を楽天ファンとマー君に布教したい

 なんといっても、東北産の魅力は“ライブ”です。

 ステージをダイナミックに力の限り踊りまくる東北産の姿を一目みれば、きっと彼女たちの虜になるでしょう。

 ホームグラウンドは、仙台駅前イービーンズ。東北各地でライブを開催し、過去には、東北の3大レジャースポット・八木山ベニーランド、スパリゾートハワイアンズ、リナワールドもライブ制覇。毎年年末には大きなライブを開催し、去年は仙台サンプラザで、そして今年の年末は、東京エレクトロンホール宮城こと、あの宮城県民会館で開催予定です。

 なぜライブが盛り上がるのか、というとメジャーデビュー前のレッスン生にも関わらず、東北産にはオリジナル曲があるから。インディーズながら今年4月にファーストアルバム「東北インバウンド」が発売。なかでも個人的にオススメしたい曲は、「天下一品~みちのく革命~」。

 ファーストシングルでもあるこの曲は、ライブでの定番で、ファンがすっごくもりあがる曲なのです。一生懸命やれること信じていれば~と一生懸命歌うリーダーの橘花怜ちゃんの心震わせる歌声をぜひ一度聞いてほしいです。

 橘花怜ちゃんは、東日本大震災をきっかけにアイドルを志し、復興支援プロジェクトとしてできた気仙沼のご当地アイドルSCK GIRLSに参加。2015年、ももクロが参加した女川での復幸祭ライブでスカウトされ、ももクロの 『笑顔の天下を取りたい』 という言葉に心を打たれ、東北産に加入しました。

 そしてイーグルスファンの皆産(みなさん)にオススメの曲があります。

 その曲は、「リライトガール」。

 おおおーおーおおーと掛け声からはじまりタオルを振りかざす振り付けと「かけろ!かけろ!かけぬけろ!」と応援歌のような歌詞がちりばめられているチャンテのような仕上がりの一曲。実はこの曲は、イーグルスの応援プロデューサーをしているジントシオさん作曲。ファンと一体となって歌っているときには、2アウト満塁逆転のチャンスの楽パのレフトスタンドにいるような感覚に襲われます。いつか楽パのレフトスタンドで、チャンステーマとして歌ってみたいです。

 もう一曲は「あなたは」という曲。

 スローテンポからアップテンポに転換して畳み掛けるリズム、スタダ王道のアイドルソングの仕上がり。そしてこの曲には彼女たちの夢が一つ歌詞として込められているのです。

 それは「始球式にでること」。

 そうです、東北産の夢は楽パの始球式のマウンドに立つこと。

 東北産の想いは、球団にもすこしずつ伝わっているのか、今年は球団公式のオンラインイベント・わしほールームへも参加。少しずつ始球式のマウンドに近づいているかもしれません!

 こんなアイドルグループが東北にいることを、イーグルスファン、そしてニューヨーク在住の世界のモノノフ・田中投手にも知ってもらえたらうれしいです!!

 あ、あと東北産が、夏S2018で歌った「ももクロのニッポン万歳!」の東北パートは、東北人なら感涙ものなのでYouTubeかブルーレイ買って絶対聞いてほしい!……なんて話がとまらなくなってしまうので、そろそろ終わりにしたいと思います(笑)。

 以上、うぢらみちのくのスターダスト、いぎなり東北産の紹介でがんした!

 ありがとうございました!

©初美沙希

構成/ハガユウスケ

◆ ◆ ◆

※「文春野球コラム ペナントレース2020」実施中。コラムがおもしろいと思ったらオリジナルサイト http://bunshun.jp/articles/39281 でHITボタンを押してください。

この記事の写真(5枚)

HIT!

この記事を応援したい方は上のボールをクリック。詳細はこちらから。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春野球をフォロー