昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「韓国は3歳児」と罵倒する“毒舌の美人妹”金与正の正体《金正恩死亡なら後継者に?》――2020上半期BEST5

2020/08/10

genre : ニュース, 国際

2020年上半期(1月~6月)、文春オンラインで反響の大きかった記事ベスト5を発表します。国際部門の第4位は、こちら!(初公開日 2020年4月29日)。

*  *  *

 金正恩が死亡したら、誰が権力を引き継ぐのか――。北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長の安否についての情報が錯綜する中、関心が集まっているのが、正恩の妹、金与正(キム・ヨジョン、31)朝鮮労働党第1副部長だ。

 すでに事実上のナンバー2として君臨し、「正恩氏が万一、死亡した場合、全ての権限を与正氏に集中するという内部決定が最近行われた」(読売新聞4月14日)との報道もある。

「金与正」という女性は何者なのか。現地ジャーナリストが緊急寄稿した。

北朝鮮の後継者とも言われる金正恩の妹、金与正 ©AFLO

◆◆◆

「男だったら後継者にした」と父・金正日が嘆いた

「彼女に口ひげがあったなら、与正を後継者にしていただろう」

 金与正について、そう語ったと報じられているのが、生前の金正日総書記だ。

 高容姫夫人との間に生まれた3人兄弟、正哲(ジョンチョル)、正恩、与正のなかで、金正日が最も高く評価していたのが、この愛娘だった。長男の正哲に対しては「女の子みたい」と評していたという。男尊女卑が根強い北朝鮮で、この評価の“逆転”は異例中の異例といっていい。

 しかし与正の素顔については、2人の兄以上に謎に包まれている。

 与正は1988年生まれで、今年31歳。彼女の若き日の経歴ではっきりしているのは、96年4月から2000年末まで、兄の金正恩とともにスイス・ベルンに留学していたことだ。

 現地では中流住宅街の3階建てアパートで兄と生活し、公立学校に通った。留学中は、少しでも体調が悪いとすぐに病院に連れて行かれるような過保護な環境で過ごしたとされる与正。バレエのレッスンを受けていたこと、アニメのイラストを描くことが趣味だったことも報じられている。当然ながら現地では金正日の娘だということは伏せられ、「チョン・スン」という仮名を名乗って暮らしていた。

 興味深いのは、スイス留学時代の兄妹の生活は、対照的だったということだ。

 与正は、兄・正恩より成績がよく、現地の学校にも馴染んでいたという。兄よりも4歳若く留学しているため、入学時に学力差が広がっておらず、人種差別もあまり受けずに済んだのがよかったのだろう。