昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

夏に読みたい「怖い話」

2020/08/16

2人はなぜ出会ってしまったのか?

 そこで浮気の証拠を作ることで、依頼者の男性が有利な条件で離婚できるようにする――。そして、依頼者から相応の報酬を受け取るという仕事です。

 取り調べが進んでいくと、殺害された女性との出会いも、なんと別れさせ屋の仕事がきっかけだったと判明しました。そもそもその女性は別の男性(A氏)と結婚し、子供も儲けていました。しかし、女性と離婚したいと考えたA氏が探偵会社を訪れ、別れさせ屋の仕事を依頼。それを請け負ったのが、後に女性を殺害することになる男だったのです。

©iStock.com

 男はいつも通りのやり方で女性を騙し、離婚を成立させました。しかし、なぜか今回だけはその後も女性の前から消えることなく、偽名を使ったまま交際を続けたのです。

女性は全ての真実を知ってしまった

 女性にとってみれば、自分の浮気が原因でA氏とは別れることになったものの、離婚が成立したことで、今度は堂々と男と付き合える、という感覚だったのかもしれません。しかし、全ては彼女の知らないところで仕組まれた工作でした。さらに、男は妻子がいることも隠していたので、彼女は自分たちの関係が不倫であることにも気付いていませんでした。

 ただ、当然のごとく、そんな関係は長く続きませんでした。男は勤務する探偵会社とトラブルになり、解雇されます。その過程で、男が偽名を使っていたこと、妻子がいること、そしてそもそもは「別れさせ屋」として彼女に接近し、離婚工作を行っていたことが、全て明るみに出てしまったのです。そして全ての真実を知った女性は男と口論になり、その結果、首を絞められ、殺害されてしまいました。

©iStock.com

 このなんとも痛ましい事件を受けて、探偵業界は大きく変わりました。別れさせ屋という仕事を、“探偵”と名乗る人物が行っているのはやはりおかしいのではないか――。もともと業界の自主規制は存在していたものの、この事件は「別れさせ屋」の根絶に向けて、より厳しく意識や実態が変わるきっかけになったのです。