昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/31

河野太郎 ★3.0 「『みこしの乗り方』覚えれば長期政権も」

 菅さん同様、安倍政権の「骨格」を使い続けられるのが、先述の通り、河野さんです。「河野首相」となれば、参謀役として、そのまま「菅官房長官」を任命することが出来ます。いわば安倍政権の骨格を、そのまま“居抜き”で使って「河野政権」を始めることが出来る。スタートから首相の仕事に集中できます。これは大きなアドバンテージです。

 これだけ課題が山積している中、政策の勘所が分かっている菅さんが引き続き官房長官をやってくれたら頼もしい。

河野太郎氏 ©文藝春秋

 とはいえ、「菅傀儡政権」という批判も出てきそうです。問題はそのときに、“一匹狼”のイメージが強い河野さんが「みこし」として扱われかねない状況にどこまで我慢できるか。ここで自らのリーダーシップにこだわって限界を見せるのか、それとも、「みこしの乗り方」を覚えて自らの政治的「引き出し」を増やすことが出来るのか。

 河野さんの現時点での実力を考えれば★3ですが、ときにはうまく担がれながら硬軟合わせて政策を進めることが出来れば、安定した長期政権になる可能性もあります。河野さんの「成熟」次第では★4にも★5にもなり得る。伸びしろのある★3.0という評価です。