昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【ポスト安倍を辛口採点 プチ鹿島】トップは野田聖子3.3、河野太郎3.1、石破2.9、菅、岸田、進次郎は…

2020/08/29

 歴代最長となる政権を担った安倍晋三首相が8月28日、体調不良を理由に突然の辞任を発表。今後の焦点は「ポスト安倍」の行方に移った。コロナ禍、東京五輪、経済対策など課題が山積する中で、次期宰相には誰がふさわしいのか。

「文春オンライン」では、各界の識者に連続インタビューして、「ポスト安倍候補」を採点してもらった(5点満点)。今回は、時事問題に詳しい芸人のプチ鹿島氏に聞いた。

プチ鹿島氏 ©文藝春秋

◆◆◆

石破茂 ★2.9 「ケンカ下手は致命的」

 世論調査での人気は「ポスト安倍」の候補者の中でも筆頭。コロナ禍という事態を考えても、次の政権は、安倍政権のような新自由主義的な「小さな政府」ではなく、多方面に税金を投入して援助する「大きな政府」が求められています。そんな「政策の転換」が求められるとなると、最近の石破さんは安倍首相より地方を意識した政策などを掲げていて、適任のように見えます。

 しかし、石破さんはあまりにも「ケンカの仕方」が下手。色々と発言はしても、世論の不安をくみ取って永田町を巻き込んだ大きな動きを作る力が決定的に弱い。ブレーンもやさしい人が多いのでしょうか? 「石破で選挙を戦えるのか」という国内の問題ばかりでなく、トランプ、習近平、プーチンといった海外の政治家と渡り合えるのかという部分でも、不安が拭えません。

石破茂氏 ©文藝春秋

 本当に石破さんの存在が活きるのは、今回の突然の辞任で、菅義偉官房長官ら安倍政権の中枢にいた人物が後任に選ばれて、国民がそれに納得しない時かもしれません。

 連想するのは、小渕恵三首相の急病でなし崩し的に森喜朗政権が発足した時のこと。「政権中枢の一部の議員らによって決められた森首相でいいのか」と国民に不満が溜まって、政権が成立して半年後、いわゆる「加藤の乱」が起きました。世論の人気を背景に「石破の乱」が求められる局面が来れば、チャンスはあるかもしれませんが、私はそんな土壇場でも、石破さんの「ケンカ下手」は致命的だろうと思います。