昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/31

小泉進次郎 ★- 「格上だらけの内閣をまとめられるか」

 環境大臣就任後、世間の厳しい風当たりに晒されることも多くなったとはいえ、世論調査を見ると、いまだに小泉進次郎さんは高い支持を集めています。

 しかし、いかんせん経験も足りず若すぎます。仮に首相になったときを考えると、組閣をどうするのか。コロナ禍に経済対策、外交問題にオリンピックと課題は山積ですから、大臣にはある程度の経験を持った人物が必要です。

小泉進次郎氏 ©文藝春秋

 となると閣僚すべてが「自分よりも格上」になってしまう。進次郎首相が最も格下になるのです。周りにそっぽを向かれたときに力尽くでまとめあげられるような「腕力」があるのか分かりません。首相が統率できなくなれば、内閣は文字通り空中分解してしまいます。

 そもそも立候補をしていません。小泉さんも、岸田さんと同じく、宰相を争うための「スタートライン」に立っていない。「小泉進次郎商店」も未開店状態。小泉さんも岸田さんも、「政権を任せてみれば★5だった」という可能性がありますが、ことは一国の宰相についての問題。そんな博打は打てません。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー