昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

文藝春秋

【文藝春秋 目次】コロナ時代の生と死/<特集>安倍退陣の衝撃/渡哲也くんと裕次郎さんと私

2020年10月号

2020年9月10日 発売 / 定価960円(税込)

バックナンバー一覧へ

<緊急特集>安倍退陣の衝撃
ポスト安倍「宰相の資格」を問う

菅 義偉 「我が政権構想」
岸田文雄 「アベノミクスの格差を正す」
石破茂 「総選挙でしっぺ返しを食らう」

◎「政治改革」から30年、日本政治が辿り着いた場所
「歴代最長政権」コロナに敗れる 曽我豪
麻生×菅×二階「暗闘の全内幕」 赤坂太郎

◎新総理よ、「国と地方自治体」の新しいかたちが必要だ!
コロナ対策「国家の動かし方」の失敗 橋下徹

◎「マスク」「GoTo」「特措法」……
国に振り回される「知事たちの叫び」 広野真嗣+本誌取材班
黒岩神奈川県知事、大村愛知県知事、古田岐阜県知事、平井鳥取県知事ほか


◎中国の領海侵入、韓国の国際法違反にこう対峙する
茂木敏充<外務大臣>私は日本を守り抜く

「新冷戦」 米海洋同盟vs中国 勝者の条件 E・ルトワック

追悼 李登輝―日本人より日本人らしく生きた97年 櫻井よしこ


経営トップ連続インタビュー「日本経済を止めるな」
<伊藤忠会長>コロナ禍こそ人と会ってなんぼ 岡藤正広

<三菱UFJ社長>デジタル金融に人間の感覚を 亀澤宏規茂木敏充<外務大臣>


<特別企画>人は「感染防止」と「経済」だけに生きるにあらず
コロナ時代の生と死

「見えない不安」に「心の抗体」を 五木寛之

「死」と「貧しさ」の価値を見つめて 曽野綾子/村上陽一郎

介護施設を襲った「欧州コロナ大量死」 宮下洋一

父娘歌人が選ぶ「コロナ禍の歌」 永田和宏/永田 紅

「司馬遼太郎さんが教えてくれたこと」 坂東玉三郎

いまは「筋肉痛」すら愛おしい 長谷部誠

「自然」と「無駄」のなかで生きる 養老孟司/柴咲コウ


<トップ研究者連続取材>「国産ワクチン」はできるのか 河合香織

沖縄「コロナ炎上地帯」の悲鳴<感染爆発現地ルポ> 鳥集徹

コロナ対策 「情報」は社会の中にある 児玉龍彦

中村吉右衛門<歌舞伎再開> 「半年ぶりの舞台で」

門脇麦<大河ドラマ『麒麟がくる』>「明智光秀と駒の謎」

<日米百万部作家対談>「私たちはこの愚かな世界と戦わなくてはいけない」
「パチンコ」×「コンビニ人間」 ミン・ジン・リー/村田沙耶香

<新直木賞作家の警鐘>「日本人と犬」 ペットから家族へ 馳 星周


かつて石原プロに所属した女優の追悼手記
渡哲也くんと裕次郎さんと私 浅丘ルリ子


<感染症の日本史6>皇室とパンデミック 磯田道史

有働由美子のマイフェアパーソン 21
ブレイディみかこ(ライター)「万国のおっさんたちよ、団結せよ!」


<短期集中連載>英エコノミスト誌記者「イラン幽囚記」2 N・ペルハム

<新連載小説>「ミス・サンシャイン」 吉田修一


ベストセラーで読む日本の近現代史・佐藤 優


レッテルのぐらつき 古風堂々17 藤原正彦

川の流れと人の世は 髙樹のぶ子

「Giri/Haji」の仲間たち 平 岳大

子どもと学ぶ日本語の奥深さ 森 顕子

角栄先生と父の対話 武見敬三

剣と本と仮面ライダー 高橋一浩

大豆を育てる子ども達に 辰巳芳子

薬局×本屋 瀬迫貴士

老いて読む、『君たちはどう生きるか』日本人へ208 塩野七生


BOOK倶楽部

▶︎佐久間文子、古市憲寿、池上彰、梯久美子
▶︎今月買った本 橘玲
▶︎著者は語る 
▶︎新書時評


▶︎丸の内コンフィデンシャル ▶︎霞が関コンフィデンシャル ▶︎世界経済の革命児・大西康之 ▶︎日本語探偵・飯間浩明 ▶︎数字の科学・佐藤健太郎 ▶︎旬選ジャーナル(鵜飼秀徳・坂上 香) ▶︎From文藝春秋digital ▶︎オヤジとおふくろ ▶︎スターは楽し・芝山幹郎 ▶︎考えるパズル ▶︎三人の卓子 ▶︎詰将棋・詰碁 ▶︎マガジンラック ▶︎広告情報館 ▶︎蓋棺録 ▶︎目・耳・口


新世界地政学110 船橋洋一

<新連載>からだの美2 小川洋子

後列のひと21 清武英利

日本の地下水脈4 保阪正康

李王家の縁談10 林真理子


グラビア

▶︎日本の顔(大下容子) ▶︎同級生交歓 ▶︎中野京子の名画が語る西洋史98(英雄、ここにあり) ▶︎大阪万博から50年 子どもたちを魅了した未来都市 ▶︎もう一人の家族164 白都真理 ▶︎一城一食14(金沢城)▶︎小さな大物(毒蝮三太夫)


短歌・木下龍也、俳句・内山章子、詩・谷川俊太郎

中吊り広告